万が一に備えてますか?高額化するペットの医療費の支払い対策

飼い主さんにとってペットにかかる医療費って、正直辛いですよね…

というのも、初めてペットを飼う人にとってはなじみがないかもしれませんが、ペットの治療費は全額飼い主さんの自己負担となります。つまり、私たちが普段病院で受けているような国からの医療費補助はありません。そのため、ちょっとした風邪の治療でも思っていた以上の出費となることも多いのです。ましてや、手術や入院ともなれば10万クラスの出費は珍しくありません…

ただ、その治療費が払えないとなれば、残念ながらペットに治療を受けさせることができません。最悪の場合、想像したくありませんが、救える命を見取るという結末も待ち構えています。

そんな辛い思いをしない為にも、このページでは高額になりがちなペットの医療費対策についてまとめています。高額な治療費であっても、しっかりと準備をすることで、その負担を小さくすることも可能です。

高額化するペットの医療費対策~3つの選択肢~

まずはペットの医療費対策としてどのようなものがあるのか知っておきましょう。医療費の支払い対策としては大きく3つの選択肢があります。

<ペットの医療費の支払い対策>

  • 貯金
  • ペット保険
  • ペットローン

これらの3つの支払い方法には良し悪しがあり、どれを選んだら正解というのもありません。飼い主さんの考え方や金銭状況次第です。以下にそれぞれの説明と、メリットデメリットについてまとめてみました。

ペットの医療費対策①:貯金

貯金は、そのままですが、定期的に自分でペットの医療費用の貯金として積み立てを行い、万が一に備えるというものです。

<メリット>

  • ペットローンの利息やペット保険の保険料のように余分な支払いがない ⇒ 貯めたお金はすべて治療費として使える)
  • 一定以上の治療費の貯蓄がたまった場合は、それ以上貯める必要がない ⇒ 最低30万円くらいはほしいところ)

<デメリット>

  • ペットの治療費用にためている貯金額を越えるような治療費となった場合に、治療を受けさせてあげられない ⇒ 最悪のシナリオは、救える命でも助けて上げられない
  • ペットの治療費用として自分で計画的に貯金(積み立て)をする必要がある ⇒ 手間がかかるし、途中でやめてしまう可能性も…

ペットの医療費対策②:ペット保険

ペット保険は、保険料を支払うことで治療費の一部を負担してもらえる仕組みとなっています。皆さんが加入されている医療保険をイメージしていただけたらと思います。

<メリット>

  • ペット保険の保険料は月々1,000~2,000円とお手ごろな料金 ⇒ 私たち(人間)が加入する保険と比べると安い
  • ペット保険に入ることでの金銭的にも精神的にも安心ができる ⇒ 急に病気やケガをしても保険が守ってくれるという精神的な余裕ができる
  • ペット保険に加入することで利用できる付属サービスが嬉しい ⇒ 例えば次のようなサービスが無料でついてきます※サービス内容は一例です
  • 無料サービスの一例

    • 24時間365日対応している獣医師ダイヤル(利用回数:制限なし)
    • 病気に関する相談だけじゃなく、しつけやペットフードなどの相談もOK!

    • 迷子のペット検索
    • 加入しているペットの行方がわからなくなった場合、お手伝いしてくれます

<デメリット>

  • ペット保険に加入できるのは健全なペットのみ ⇒ 病気持ちや既往症があるペットは加入できないため、健康な状態のときに加入する必要がある
  • ペット保険の利用は、あくまで治療費であるため、生活費や健康診断などの検査に対しては利用できない
  • 補償対象外となるケース

    • ペットの健康診断の費用
    • ペットフード代
    • 保険の加入前から煩っていた病気やケガの医療費 

ペット保険については次のページでわかりやすく紹介していますのでチェックしてみてください。

ペットの医療費対策③:ペットローン

ローンといって思い浮かべるのは住宅ローンやカードローン、マイカーローンなどが身近だとは思いますが、ペットの治療費に関するローンがペットローンとなります。特徴は、病気になる前から加入するペット保険とは異なり、ペットが病気になった後で利用する支払い手段となります。

<メリット>
・ペットが病気になった場合でも、「治療費が高くて支払えない…」という心配は不要
・消費者金融などのローンとは異なり、使える用途がペットの治療に特化したもののため金利がとても安い
・ペット保険とは異なり、ペットの治療費以外にもペット購入費や生活費など様々な用途でローンの利用が可能
<デメリット>
・利息がかかるため、支払い総額は実際に借りた金額よりは高い金額を返済しないといけない
・ローンを利用する際に、審査がある ⇒ 多くの場合問題ないが、場合によってはローンの審査でNGとなる場合あり

ペットローンについては次のページでわかりやすく紹介していますのでチェックしてみてください。

どの支払い方法を選ぶべき?それぞれの支払い方法の選択のしかた

冒頭でも説明しましたが、ペットの医療費対策には正解はありません。あくまで飼い主さんの考え方やおかれている立場によって違ってきます。

それぞれの支払い対策について理解が深まったところで、それぞれがどんな人に向いているかをまとめてみました。

  • 貯金での支払い対策が向いている人
  •  ⇒ 貯金が十分あり、急に数十万円の出費があったとしても困らないような人

     ⇒ 計画的に積み立てを行っていく自身のある人

  • ペット保険での支払い対策が向いている人
  •  ⇒ 突然、数十万のまとまった出費が必要となったら困る人

     ⇒ 健全なペット(持病やケガもちでない)を飼っている人

  • ペットローンでの支払い対策が向いている人
  •  ⇒ 過去に大きな病気を患ったペットを飼っている人

     ⇒ 現在、ペットが病気orケガになり、その治療費が払えなくて困っている人

愛犬・愛猫が病気やケガをした場合、しっかりとした治療が受けられるように準備をしておくのも飼い主さんのつともだと思います。後悔しないよう、しっかりと考えてあげましょう。

このページの先頭へ