【保険の教科書】保険のプロが解説『ペット保険ってどんな保険?』

これで丸わかり!保険のプロが解説する『ペット保険ってどんな保険?』近頃、CMや広告で目や耳にとまるようになってきたペット保険。

「ペットが病気をしたときに動物病院で支払った治療費に適用される保険でしょ?」と、大まかにイメージはできるかもしれませんが、実際に人に説明するとなった場合、ほとんどの方が戸惑ってしまうんじゃないでしょうか?

ペット保険に加入していない人の多くは、「ペット保険は気になるけど、イマイチどんな保険なのかわからない…」と思っている人も多いと思います。

このページではそんなペット保険について、加入したことがない人でもわかるように簡単に解説しています。ものの数分で読めるような内容となっていますので、少しでもペット保険に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ペット保険ってどんな保険?

ペット保険ってどんな保険?ペットを飼っている人なら知っているかもしれませんが、日本ではペットに対する治療費は保険が適用されません。一方で、私たち人間の場合は、公的医療保険(健康保険や共済組合、国民健康保険など)が適用されるため治療費の3割程度を支払えばよいですよね。現在の日本はペットの場合はそのような保険がないため全額自己負担となります。

愛犬・愛猫のちょっとした治療でも会計の際に2度見してしまうような経験をしたことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか?保険が適用されないため、思っている以上の金額となることが多々あります。

ちょっとした風邪による通院であれば数千円くらいの出費ですむことがほとんどですが、悪性リンパ腫(ガン)の治療ともなれば50万円以上の出費となることも少なくありません。そんな金額、ぱっと支払える人なんてほとんどいないと思います。万が一に備えてペットの医療費を貯めてこなかった飼い主さんたちは、治療費が支払えず安楽死を選ぶ飼い主さんも多くいるのが現状です。とても辛いですよね…

また、近年の研究の発表によると…

医療技術の発展に伴いペットの平均寿命は延びているという嬉しい研究成果が発表されました。ただ一方で、生涯で1頭当たりにかかる治療費は高額になっていて、犬の一生涯にかかる医療費は100万円。猫の場合は60万円といわれています。

びっくりですよね…

そんな飼い主さんの救世主として登場したのが『ペット保険』です。

ペット保険は私たちが公的医療保険(健康保険や共済組合、国民健康保険など)を受けていると同じように、愛犬・愛猫が病気になって動物病院で診療や治療してもらった場合に治療費の全額 or 一部を補償してくれる保険となります。補償は通院だけでなく入院や手術まで幅広く補償してくれるのが特徴です。

また、ペット保険は人間でいう生命保険や医療保険のように思われがちですが、実際には自動車保険や火災保険と同じように損害保険に位置づけられています。ペットは車や家と同じで加入者(飼い主さん)の所有物という扱いになるということです。当然ながら、年末控除もありません。

ペット保険の概要はわかっていただけたでしょうか?続いては、もう少し踏み込んでペット保険の補償の内容について説明したいと思います。

ここまでは想像通りという方もいる思いますが、ペット保険のしくみ(補償内容)を知っている方は少ないと思いますので、引き続き読んでみてください。

ペット保険はどんな補償内容になっているの?

ペット保険の補償内容がどのようなしくみになっているか紹介したいと思います。

動物病院で支払う治療費を負担してくれる保険

前述した通り、ペット保険とは動物病院で支払った治療費の全額 or 一部を補償してくれる保険となっています。さらに詳しく説明すると、“ペットの治療でかかった医療費の○○%を負担”といった具合に、ペットの治療費の一部or全額を負担してくれるような仕組みとなっています。

その補償割合(○○%)は、保険に加入する際に選択することができ、50%補償や70%補償がオーソドックスとなっています。

補償割合と保険金

保険金の支払い金額には上限があり

保険会社は「1日2万円までであれば保険金をお支払いします」「年間50万円までであれば保険金をお支払います」といった具合に支払う保険金額の上限を設定しています。

よく考えてみれば当然ですよね…上限を設けないと、保険会社は保険金が支払うことができなくなり倒産してしまいます。

イメージしやすいよう、オーソドックスなタイプの保険金の支払い条件をまとめてみました。

支払い限度額 年間の限度回数
通院保険金 1日あたり1.25万円まで 年間30日まで
入院保険金 1入院あたり12.5万円まで 年間3入院まで
手術保険金 1手術あたり10万円まで 年間1手術まで
年間の支払い限度額 最大85万円まで受け取り可能

このように入院や通院、手術に対して、支払い限度額や限度回数が設定されていて、この上限を超えてしまった場合はペット保険は適用されない仕組みになっています。

ペット保険の保険料の相場っていくら?

保険料の相場っていくらなの?ペット保険に加入すると保険料の支払いをする必要があります。毎月支払いにすることもできますし、年1回の支払いの年払いにすることも可能です。

多くの飼い主さんのペット保険に加入するか否かの判断をする場合に、一番ネックとなるのは「保険料がいくらになるか?」というポイントではないでしょうか?

ただ、加入したことのない人にとっては、保険料がいくらなのか想像もできないですよね…

そこで小型犬(チワワ、トイプードル)の0歳~10歳までの平均保険料(月払い)をペット保険会社毎で比較した表を作成しました。

ペット保険の保険料の相場は?

表を見ていただければ一目瞭然ですが、相場としては2,000円~3,000円といったところです。年間で見ると約3万円です。高い?安い?どんなイメージをもったでしょうか?

また、ペット保険の保険料についてぜひ知っておいてほしいのが、保険料は年齢の増加とともに上がるということです。人間の保険でも同様のことが言えますが、年齢を重ねるごとに病気を患う確率は上がるため、保険料もそれにあわせて年々増加するような仕組みとなっています。

すべての保険がそういえるわけではないですが、一般的に0歳が一番安く年齢の増加とともに保険料も引き上げられます。

つまり、上で紹介したグラフは平均の保険料ですので、ペットの年齢が若ければさらに安くなりますし、高齢のペットであれば保険料は平均よりも高くなります。

ペット保険に加入するための条件は?

ペット保険に加入する為には、実はいくつか条件が設けられており、それらの条件をすべてクリアする必要があります。

仮にその条件を満たしていない場合は、残念ながらその会社への保険の加入はできません。各保険会社で加入条件は異なりますが、加入時の条件としては次の3つを条件としている会社がほとんどです。

  • 条件①:ペットの種類
  • 各保険会社によって加入できる動物は異なりますが、犬、猫、鳥類、爬虫類、うさぎ、フェレット、ハムスターなどが加入できます。犬猫に関しては、どの保険も加入OKなのですが、それ以外の動物となると選択肢は一気に少なくなります。

  • 条件②:ペットの年齢
  • こちらも各保険会社によって年齢条件は異なりますが、すべての保険会社でペット保険に加入できる年齢制限を設けており、その制限をクリアしたペットが加入することができます。高齢になればなるほど、加入できるペット保険の選択肢は少なくなっていきます。

  • 条件③:ペットの健康状態
  • ペット保険に加入する為の前提条件の一つに、健全な健康状態という条件があります。つまり、健康な状態のペットしか加入できません。

愛犬・愛猫ちゃんのことを本当に考えてあげれていますか?

愛犬・愛猫ちゃんのことを本当に考えてあげれていますか?いつもとびっきりの癒しや幸せをあたえてくれる、愛犬・愛猫ちゃん。

本当にかけがえのない存在ですよね。みなさんにとっては家族同然だと思います。

だからこそ、考えてほしいです。

万が一、大病を患ったときや大怪我をしたときに治療費が払えず、泣く泣く最期をみとることになったら…想像もしたくないと思いますが、本当に後悔すると思います。おそらく、一生その気持ちは消えることはありません。

ペットの治療費について何も考えていない飼い主さんには、ぜひペット保険を検討してみてほしいです。

ペット保険についてもう少し詳しく知りたいという方に、ペット保険で誤解されやすい注意点についてまとめたページがあります。ぜひそちらのページもチェックしてみてください。

このページの先頭へ