意外と侮れないペットの治療費について

ペットの治療費について

ペットを飼ったことがある人はご存知だと思いますが、ペットの生活費って意外とかかりますよね?毎日の食事代,定期健診,予防接種など。食事代をとっても1日単位で見ると小さな出費かもしれませんが、年間で見ればなかなかの金額になっているとお思います。

そんな飼っているペットが病気になったときにかかる費用はどのくらいかご存知でしょうか?

おそらく多くの人が病気にかかって病院で診断を受けたときにあまりの高額さに驚くこととなるでしょう。

<生涯でかかるペットの医療費>

  • 犬:100万円
  • 猫:60万円

驚きですよね。では、何でそんなにかかるのでしょうか?

その原因を説明しましょう。

ペットの医療費の相場は次のとおりです。

  • 通院:平均1,000円
  • 入院:平均1万円/日
  • 手術:平均10万円~50万円
損な医療費ですが、知らない人も多いとは思いますがペットの治療費は全額個人(飼い主)負担となります。

全額自己負担というのが、医療費を高くしている一番の原因です。

私たち日本国民であれば、国民健康保険で医療費は3割の支払いで済みますよね。

検診であれば数千円と小額ものですが、入院や手術ともなると数十万円かかることも珍しくありません。一般家庭で数十万円の出費は間違いなく家計へ大きな影響を与えるかと思います。

また、残念なことに一生涯にかかる医療費は年々増加傾向にあります。
理由として、ペットにかかる医療費が増加しているのには化学の進歩が関係しています。

ペットの食べ物が以前に比べて高品質なものが登場し種類も充実したためペットの平均寿命も高くなっています。その分、高齢なペットが増えていきそれに伴い病気にかかりやすくなり、それを治療するため治療費がかかってしまうというものです。この流れは人間とも同じですね。

最愛の家族(ペット)が病気にかかったときに治療費が高額で払うことが出来ないというのはとてもつらいことです。そうならないために万が一に備えて準備をしておきたいですね。

人間も同じことが言えますが、飼っているペットが病気を患った場合に飼い主が出来ることは『動物病院に連れて行く』ことしか出来ません。そんなときの高額な出費を少しでも負担を軽減してくれるのがペット保険となります。

人間と同じようにぜひ勝っているペットちゃんも保険に加入させてあげてみてはいかがでしょうか?

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ