ペット保険の現状は?加入率はどのくらい?

ペット保険の成り立ちについて

ペット保険の歴史について

日本でのペット保険の歴史は先進国の中ではまだまだ低く浅いものとなっています。

ペット保険の歴史を紐解くと世界で一番早くペット保険を販売を始めた国は”イギリス”となっています。ペットにかかる医療費が高いといった一般市民の声が誕生のきっかけだったといわれています。

イギリスで誕生したのが約30年前というのに対して、日本でペット保険の販売が開始されたのは2000年代初めとなります。

日本でペット保険が出回りだしたころ、ペット保険会社は免許など不要でやろうと思えば誰だって保険会社をはじめることが出来ました。そのため契約者と保険会社との間でトラブルが続出しました。それを対策すべく2008年に法律改正行われ保険会社の設立には免許が必要となりました。

しっかりと規律が出来たためペット保険は次第に一般社会に普及していきました。加入率や年間支払い保険金額も年々増加しており脚光を浴びつつあります。保険の加入者も年々高まっており将来大きな市場になることが予想されます。

現在では少額短期保険業者7社、損害保険会社3社の合わせて10社が保険商品の販売を行っています。。

ペット保険の今後

ペット保険会社のアニコムさんが少し前の資料とはなりますが、今後のペット保険市場を下記のように予想しています。ちなみに、現在の2015年時点では、下記の予想通り右肩上がりの成長となっています。

ペット保険市場動向

ペット保険の加入率について

つづいては、ペット保険の加入率に目を向けてみましょう。

欧米などのペット保険先進国では、ペット保険の加入率が50%にも達する国もあります。

それ対して、日本のペット保険の加入率は5%と低水準となっています。日本では歴史が浅いと言うのもありペット保険の先進国に比べると一般世間にとってまだまだ身近なものとはいいにくいのが現状です。

日本では今や犬、猫ともに約10000万頭がペットとして飼われているという調査結果が発表されています。その数字に対して、日本人の15歳以下の人口が下回っているという現実になっており、今やわが国は『ペット大国』となっています。

ペット保険市場が大きくなっているのと合わせて加入率も毎年増加しております。少子化に伴いこの流れは更に加速していくことも考えられ、ますますニーズが高まってくることが予想されており、ペット保険の加入率は増加の一途をたどっています。

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ