ペット保険って本当に必要なの?

ペット保険の必要性について

今このページを見ている方は、『ペット保険って入っておいた方がいいのかな?』、『加入しているものの今まで保険の恩恵を得るような機会がなかったけど、今年の更新どうしようかな?』と悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

まずは、いったん保険がどのようなものか整理しておきましょう。

保険とは?

そもそも保険は、ペット保険に限らず火災保険・自動車保険などと同じで万が一のときに対して備えるものです。保険に加入しているものの保険金を受け取るような機会がなかった人の中には、無駄な金を毎月払ってしまったと思う人もいるかもしれません。

でも、それが”保険”なんですよね。

万が一の場合に対して、しかも悪いことが起きた場合に対して、少しでも自分の負担を減らす為のリスク軽減策であることをしっかりと念頭に置くことが大切です。

わかっているよと言われるかもしれませんが、意外と根本的なことを忘れがちな人も多いのではないでしょうか?

加入するか否かは、飼い主さんやペットの年齢・体調に応じて決めることですので、もちろん必要性を感じない場合や金銭的に厳しいという理由があれば加入させる必要はまったくありません。

始めてペットを飼った人にとってはどのくらいの頻度で自分のペットが動物病院を利用するのかも想像できないと思います。そんな場合は、1、2年様子を見てから改めて加入の検討をしてもよいかもしれません。

ペットの治療費は意外と高額

病気や事故にあって手術が急遽必要となった場合に実際に支払う手術費・治療費の高さにびっくりすることもあると思います。

その理由としては、

人間に関しては、病院にかかった場合は公的医療保険(健康保険や共済組合、国民健康保険など)により自己負担額は全体の3割程度を支払えばよいですが、ペットに関しては診察、治療、手術などの医療サービス料は全額自己負担であるためです。

全額自己負担ということは、ペット病院にかかったことがない飼い主さんは知らない人も多いのではないでしょうか?参考までに下にペットの医療費の目安を紹介します。手術はもちろんのこと、注射や検診であっても思っている以上の出費となります。

<ペットの手術費・治療費>

医療サービス サービス料金
初診料 1,000円
小型犬1日の入院料 3,000~4,000円
骨折手術 40,000円
腫癌摘出手術 30,000円
胸部手術(気管手術) 30,000円
開心手術 60,000円

ペット保険の加入・更新に迷っている方へ

病気やケガに備えるべく保険に加入しておくと言う人もいれば、そんないつあるかもわからない場合に備えて毎月保険料を払うくらいなら、ペット保険には加入せずことが起きた場合には割り切って全額自己負担すると腹をくくるのもありだと思います。

ただ、その場合にあまりにも高額な治療費を払うことができなく手術を受けさせてあげることができなかったときの無念さは計り知れないかもしれません。

保険の加入するかどうかに、正解はありません。飼い主さんが必要と思えば加入をすればよいですし、不必要だと思えば加入する必要はないと思います。

参考までにペット保険の平均的な保険料は、平均2,000~3,000円くらいとなります。人間の生命保険、医療保険費に比べるととても財布に優しい金額になっており、上記表の治療費に比べたらとても少額ではないでしょうか?

本サイトでは、サイト名からも分かるように『ペット保険』の加入をお勧めしています。
ペット保険の加入を迷っているは、次のページでペット保険のメリットを紹介していますのでチェックしてみてください。

ペット保険の加入を迷ってる飼い主さんへ… 

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ