ウソはダメ!ペット保険の告知事項と告知義務違反について

ペット保険に加入する際の告知事項の注意点どこのペット保険に加入するにも必要な手続きとして、加入するペットの健康状態や既往症(今までかかった病気)を告知する必要があります。

その告知内容をペット保険会社が確認をし、そのペットが保険に加入させてよいか否かを判断します。

基本的には保険会社が用意した告知事項の質問に答えるだけですが、知っておいてほしいことや注意点があります。このページでは告知に関するの説明とその注意点について紹介しています。

これから加入を行う方は、是非チェックしてみてください。

ペット保険の加入時の告知について

どこのペット保険会社に加入する場合であってもペットの健康状態などを告知する必要があります。では、何のために告知をするのでしょうか?

それは、保険会社と加入者が公平性を保つためです。

病気で弱っているペットをやすやすと加入させてしまうと、保険会社は多くの保険金の支払いが必要になり赤字となってしまいます。それでは、不公平ですよね。

不公平の関係が成り立つと保険そのものが成立しないため、公平性を保つという意味で告知をする必要があります。

加入手続きの際に告知する内容は各社によって異なりますが、どこの保険会社でも聞かれる質問をいくつかピックアップしました。

ペット保険の告知質問事項

  • 申し込み時点のペットの健康状態
  • 既往症(今までに患った病気)
  • 最近病院にかかった内容
  • 服用しているサプリメント、薬剤
  • ワクチン接種や予防接種の有無
  • メスの場合、妊娠の有無

告知質問に答える際の注意点(告知義務違反)

告知を行う際に大切なのは、たった1つです!

どの質問にも正直にウソ偽りなく回答してください。

というのも…

この告知でウソの事実をつげるなどした場合には「告知義務違反」となり、保険金が受けられなくなり、契約自体を解除される可能性があります。その場合は、今まで支払った保険料の返還も行われません。

たとえ本人に悪気がなかったとしても、告知内容によってはそのように扱われてしまう可能性があるので注意が必要です。。

ウソの告知は保険会社の調査によってばれるのか?

「うそついてもばれないんじゃ?」という人もいるかもしれませんが、残念ながらウソの告知をしたとしても、ほとんどバレると思います。

ペット保険への加入審査や保険金の支払い審査をする際には、保険会社はそのペットのかかりつけ動物病院や治療を行った動物病院と情報交換を目的とした調査を行います。

そこの担当医の話をもとに、保険への加入や保険金支払いの判断をします。

結局そのときに、ウソの告知はばれてしまうのです。

とはいっても、どのレベルの病状から告知していいかわからないという方もいると思います。

例えば…「嘔吐や下痢の症状があったが、今は完全に回復している」といった場合は、わざわざ告知書に書くほどではないと思います。

告知するか迷った場合は、担当の獣医さんに相談してみましょう。

ひとつの判断材料としては、病名が獣医さんから告げられた場合には告知書に記載するといった考え方でOKだと思います。

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ