トラブルを避ける為に…加入前に知っておくべきペット保険の注意点

【トラブル回避術】ペット保険の加入前に知っておくべき注意点ペット保険の加入者は年々増加の一途をたどっていますが、その一方で加入後にトラブルに発展するケースや加入者の勘違いにより後悔するようなケースがあるのも事実です。その大半が、保険金の支払いに関するトラブルとなります。

ペット保険について少し知っている人にとっては当たり前のことですが、動物病院で支払った医療費のすべてに保険が適用するわけではありません。そのようなペット保険独特のルールを知らなかったがために、「加入後に後悔した…」となってしまうのです。

ただ、ペット保険についてこと細かく理解する必要はなく、ポイントとなるところをしっかりと理解しておけば、大きなトラブルことはまずないです。このページではペット保険でトラブルや勘違いしやすい注意点についてまとめてみました。

これから保険の加入を検討している飼い主さんや保険選びをしている飼い主さんはぜひチェックしてみてください。

加入後に後悔しないために…加入前に知っておくべきペット保険の注意点

次の3つが知っておいてほしい注意点です。

加入前に知っておくべき3つの注意点

  • 動物病院で受けた治療のすべてに保険が適用されるわけではない
  • ペット保険の加入条件には年齢制限あり
  • 保険会社によっては更新を断られる可能性あり

それぞれについて詳しく説明して行きます。

動物病院で受けた治療のすべてに保険が適用されるわけではない

これが一番勘違いが多いトラブルになりやすいポイントです。

ペット保険に加入をしたことがない人にとっては驚きだとは思いますが、動物病院で受けた治療のすべてに対して保険が適用されるわけではありません。補償対象外のケースとしては大きく次の2つに分類されます。

  • 保険が適用となるのは加入期間中に患ったケガ・病気のみ
  • ペット保険の大前提として、ペット保険に加入している期間中に患った病気・ケガのみに対して保険が適用されます。よって、加入前から患っていた病気に対しては保険が適用されません。

    また、生まれながらに持っている病気やケガ、障害についても補償の対象外となります。

  • 予防や検診などは補償対象外
  • 「えっ!?」と思われる飼い主さんも多いかもしれませんが、ペット保険では動物病院で支払った金額のすべてが保険金支払いの対象となるわけではありません。ペット保険で補償対象となるのは、あくまでケガや病気の治療です。予防であったり健康診断などは保険の対象外となりますので注意が必要です。

    各保険によって共通するような保険の補償対象外となる治療を以下にまとめました。

    • 定期診断の検査費・診断費
    • 体調チェックの為に行われる検査や健康診断は対象外となります

    • 予防接種で予防できる病気の治療費
    • 予防接種を行っていれば防ぐことができた病気は支払い対象外となります。
      例:犬パルボウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫カリシウイルス感染症など

    • 健康食品・医薬部外品の費用
    • 入院中の食餌に該当しない食べ物や獣医師が処方する医薬品以外の薬品については支払い対象外となります

    • ワクチン接種の治療費用
    • 出産にかかわる治療費や出産後の症状に対する治療費
    • 不妊治療の手術費用
    • 爪きり費やトリマーのカット費用
    • 飼い主が誤って怪我を負わせた場合の治療費
    • 自然災害(地震や津波など)によって怪我をした場合の治療費

    ただ、上記の治療であっても補償対象としている保険もあります。下のリンク先が各ペット保険の補償範囲をまとめたページとなりますので、気になる保険がある方はその保険会社の補償範囲を把握しておくことをおすすめします。

  • 待機期間により保険金の支払対象とならない
  • ペット保険には、『待機期間』というペット保険特有のルールがあります。

    どういうルールかというと、動物病院で保険金の受け取れるような医療サービスを受けた場合でも待機期間中であった場合には保険金は1円も支払われないと言うものです。

    待機期間は保険の新規加入時の初めの1カ月~2カ月くらいの期間になることが多いですが、この期間は保険適用外となります。詳しくは下記のリンク先の記事をチェックしてみてください。

  • 保険会社と決めた免責事項の治療のため支払い対象外となる
  • ペット保険に加入するときの条件に、健康なペットであることという前提条件があります。

    ただ、なかには「病気持ちではあるけど加入したい…」という飼い主さんもいるのも事実です。

    ペット保険会社はそのような方にも保険にできるだけ加入していただけるように、条件付きで保険に加入してもらうような仕組みをとっている保険会社も存在します。※病状によっては加入事態断られるケースもあります

    その条件というのが、患っている病気に関しては補償対象外にするという条件です。

    つまり、「うちのペット保険の加入はOKです。ただ、今かかっている病気の治療費やこの病気起因で発症した病気・症状に対しての治療費は保険対象外となります。」といったイメージです。

    この加入時に取り決めた条件(保険用語で”免責事項”)の治療を受けた場合は、保険金の支払い対象外となります。加入したばかりのころは覚えているかもしれませんが、何年も保険に入り続けるとこの免責事項の存在を忘れてしまう人もいますので注意が必要です。

ペット保険の加入条件には年齢制限あり

どの保険会社もペット保険に加入する条件に年齢条件を設けています。

新規加入できる年齢の”新規加入可能年齢”と契約更新が可能な”更新可能年齢”の2つの年齢制限があります。この2つの年齢制限にひっかかった場合は、残念ながらいかなる場合でも保険に加入することは出来ません。

  • “新規加入可能年齢”とは?
  • こちらはその名のとおりペット保険に加入できる年齢のことです。多くの保険会社が10歳~を最高齢に設定しているのが一般的です。例えば年齢制限が10歳の場合は、11歳の誕生日を迎えたらその保険に加入できないといった具合です。

  • “更新可能年齢”とは?
  • 保険についてなじみのない人は「??」と思う人もいると思いますが、ペット保険は自動車や火災保険と同様に1年契約が一般的です。

    加入していた保険が1年満了を迎えた際に、次の年も続けたい場合は”更新”という作業が必要になります。そうすることにより、次の年もペット保険に加入することが出来ます。その更新の際にも年齢制限があり、その年齢が『更新可能年齢』となります。

以上が2つの年齢条件についての説明です。

次の表は、各保険会社の『新規加入可能年齢』と『更新可能年齢』をまとめた表です。自分が加入したい保険がある場合は、しっかりチェックしておきましょう。

※スマホの方は、横スクロール可能です。

★各社の『新規加入可能年齢』と『更新可能年齢』
保険会社名 新規加入可能年齢 更新可能年齢
アイペット損害保険 ~12歳11ヶ月未満 設定なし(終身OK)
アクサダイレクト保険 生後90日~14歳未満 設定なし(終身OK)
アニコム損害保険 ~7歳11ヶ月未満 設定なし(終身OK)
日本ペットプラス少額短期保険 生後31日~満11歳未満 20歳まで
プリズムコール 生後60日~12歳未満
(大型犬は10歳未満)
設定なし(終身OK)
ペッツベスト保険 生後50日~16歳11ヶ月未満 16歳11ヶ月未満
ペット&ファミリー少額短期保険 生後45日~満7歳以下 設定なし(終身OK)
au損保 生後30日~満10歳以下 設定なし(終身OK)
FPC保険 生後30日~9歳未満 設定なし(終身OK)
PS保険 生後120日~9歳未満 設定なし(終身OK)

保険会社によっては更新を断られる可能性あり

保険会社によっては更新を断られる可能性ありペット保険は1年契約が基本となっており、その1年が終わると契約更新を行うことで次の年も保険に入り続けることが可能となっています。1度保険に加入できればこちらから解約を申し出ない限り、ずっと保険に入り続けることができると思っている方も多いんじゃないかと思いますが…

保険会社によって保険期間中に患った病気やケガの症状によっては、契約更新を断られて退会を余儀なくさせられるケースがあります。

すべての保険会社がそうという訳ではありませんが、保険会社によっては契約更新の際に審査を設けていて、その審査で更新NGといわれれば契約更新できません。

また、更新が仮にできたとしても更新後の契約が免責つき(治療中の病気を補償対象外)となる可能性があります。

詳しくは下記のリンク先の記事をチェックしてみてください。

保険選びで悩んでいるなら…ペット保険おすすめ比較ランキング

ペット保険の保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいのか?」「似たような保険があるけど何が違うのか?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

ましてや初めてペット保険に加入する人であれば、保険自体の知識がないためとても大変です。

そこで各保険の補償プランを当サイト独自の視点から比較しておすすな保険をランキング形式でまとめてみました。

ペット保険選びはちょっとした知識があるだけで「加入後にした…」という思いをするリスクをぐっと下げることができます。保険選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ