加入前に確認しておきたいペット保険の保険金の請求方法について

ペット保険の保険金の請求方法について保険に加入していれば、保険の補償対象の治療を行った場合に治療費の一部を保険金として受け取ることができます。

ただ、保険金の請求をしなければいつまでも保険金を受け取ることが出来ません。せっかく保険に加入していても、こちらから保険会社に連絡しなければ1円も受け取ることができないルールとなっています。

ただ、保険金の請求といってもやったことのない人にとっては、「いろいろと手続きがありそうで面倒そう…」「必要な書類の準備が大変そう…」というイメージかもしれませんが、思っている以上に簡単です。

このページでは、そんなペット保険の保険金の請求方法について紹介したいと思います。。

保険会社によって全然違う方式をとっていますので、請求する段階になってあたふたする前にしっかり確認しておきたいところです。

これで安心!ペット保険の保険金の請求方法

まずはじめに知っておいてほしいのが、ペット保険会社によって保険金の請求方法が違うということです。

自分の加入しようとしている保険がどのような請求方法となっているのかまず確認しましょう。

保険金の請求方法は下記の通り大きく2つに分類されます。

<2つの保険金の請求方法>

  • 動物病院の支払窓口にて清算
  • 動物病院での治療後に郵送で保険金請求

保険金の請求方法は自分で選択することはできず、保険会社によってどちらの請求方法となるか決まっています。

では、それぞれの請求方法について説明していきたいと思います。

請求方法1:動物病院の支払窓口にて精算

一般的に、『窓口精算』と呼ばれる方法です。

皆さんが風邪引いて病院に行った場合の医療費の支払は、保険証を提示することによって保険の適応がされた金額を支払い窓口で精算しますよね?

それのペットバージョンと考えていただけたらいいと思います。

つまり、窓口精算での支払い方式の場合、動物病院で治療を受けた際に支払う医療費が、すでに保険が適応された金額(⇒保険金が差し引かれた金額)となっています。

すでに保険金が引かれた状態での支払となるため、ペット保険会社に連絡する必要もありませんし、後日に必要な書類を送る必要もありません。窓口精算ですべての支払いが完結します。

イメージは次の通りです。

窓口精算の請求方法

加入者にとっては、作業的負担が少なくとてもうれしい請求方法となっています。

ただ、この請求方法を取れるのには下記の2つの条件を満たしている必要があります。

条件1:加入しているペット保険会社がこの支払い方法を可能としていること
該当する保険会社は下の会社となります。これらでない保険会社に加入していた場合は、残念ながらこちらの方法を利用することは出来ません。

アニコム損害保険、アイペット損害保険、ペット&ファミリー損害保険

条件2:診療をうけた動物病院が窓口精算を対応している病院であること
窓口精算はとても便利な精算方法ですが、残念ながら全国にあるすべての動物病院で対応しているわけではありません。

年々、利用できる病院は拡大しているものの、対応していない病院であった場合は、もう一つの方法(動物病院での治療後に郵送で保険金請求)で支払うことになります。

窓口精算可能な動物病院の一覧をまとめているページが下記のリンク先となりますので、気になる方はチェックしてみてください。

  • アニコム損害保険の対応病院は、こちら
  • アイペット保険の対応病院は、こちら
  • ペットアンドファミリー保険の対応病院は、こちら

窓口精算は、とても便利ですがサービスを行っている保険会社・動物病院はまだまだ少ないのが現状です。ただ、加入者側にとっては面倒な手間が省けるとても便利な方法となります。

請求方法2:動物病院での治療後に郵送で保険金請求

上記で紹介した窓口精算で対応していない病院の場合はこちらの方法で支払うことになります。

簡単に紹介すると、動物病院で治療を受けた後は、治療費をいったん自分で全額支払いを行い、後日に保険会社に書面にて保険金を請求するという方法です。

こちらも次のイメージを見てもらったほうがわかりやすいかもしれません。

書面精算の請求方法

保険金を請求する場合に必要となる書類は、各保険会社で異なります。それぞれの会社で必要となる書類を下にまとめました。

保険金が支払われるまでの期間も同様に保険会社ごとで異なるものの、どんなに遅い場合でも1か月以内には保険金を受け取ることが可能となります。

1点注意しないといけない点があるとすれば、保険金請求のタイミングには期限があります。その期限日(保険金請求期限)についても併せてまとめていますのでチェックしてみてください。

なお、こちらの請求方法の場合ですが、まとめて請求することも可能となります。

例えば、3週連続で動物病院に行った場合ですと、同じタイミングで請求することも可能でありますので、ある程度たまってからの精算でも問題ありません。

各ペット保険会社の保険金請求に関するおまとめ情報

※スマホの方は、横スクロール可能です。

保険会社 保険金
請求方法
請求時の必要書類 保険金
請求期限
保険金受取目安 各社
HP
アイペット損害保険 1.窓口清算
2.書類請求
・保険金請求書兼同意書
・診療明細書(原本)
・領収証(原本)
・アイペット指定診療明細書
3年以内 30日
アクサダイレクト保険 2.書類請求 ・保険金請求書
・動物病院の領収書の原本
30日以内 30日
アニコム損害保険 1.窓口清算
2.書類請求
・保険金請求書
・診療明細書または領収書(原本)
30日以内 30日
プリズムコール 2.書類請求 ・保険金請求書
・獣医師様の診断書
・治療明細書
3週間
ペットファミリー保険 1.窓口清算
2.書類請求
・保険金請求書兼同意書
・領収書類(診療明細付)(原本)
30日以内 20日
ペッツベスト保険 2.書類請求 ・保険金請求書
・動物病院発行の領収証(原本)
15営業日
FPC保険 2.書類請求 ・保険証券のコピー
・FPC専用保険金請求書または明細付きの領収書(原本)
連絡期限:30日以内
書面請求期限:3年以内
30日
PS保険 2.書類請求 ・保険金請求書のみ
※診療明細書(または領収書)不要
3,4日

どちらの請求方法がおすすめ?

2つの精算方法について紹介してきましたが、お手軽な”窓口精算”の方が加入者の負担が少ないためおすすめです。

どうせ加入するなら負担の少ないほうがいいですよね。

ただ、保険選びで大切なのは保険の補償内容がいかにしっかりしているかで保険選びをすることです。窓口精算といった便利なサービスに目がいきがちですが、補償内容が手薄なものであれば、あまりおすすめできない保険といえます。

もし保険選びで悩んでいる方がいましたら、次のペット保険おすすめランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?

ランキングで紹介している保険に加入しておけば、まず失敗はないと思うような保険をチョイスしていますので、保険選びの参考にしてみてください。

おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ