【保険会社に聞いた】病気持ちや治療中の状態でペット保険に加入できる?

ペット保険は病気持ちでも加入ができる?

手術や入院などで高額な医療費を支払ったことがある人は、「医療費の高さに驚き、ペット保険の加入を考えた」という方も少なくないと思います。

ただ、ペット保険に加入する為の条件の一つに、加入するペットが健全な健康状態であるという前提条件があります。

つまり、「健康なペットしか加入できません」と各ペット保険会社は銘打っています。

では、治療中の病気があるペットや既に病気持ちのペットは保険への加入は本当にできないのでしょうか?

そんな疑問を抱えている飼い主さんも多いと思いますので、各保険会社にどのようなルールとなっているかを実際に保険会社に問い合わせて確認してみました。その結果をこのページでは紹介したいと思います。

病気持ちのペットや治療中の病気があるペットが保険に加入する際のルールについて

治療中の病気があるペットや病気持ちのペットが保険に加入する際のルールは、患っている病気によって2パターンに分かれることがわかりました。

病気持ちのペットは保険に加入できるのか?

  • 各社指定の病気を患った場合は、いかなる場合でも加入できない
  • 条件付きではあるものの病気持ちでも加入可能

では、詳しく説明していきます。

各社指定の病気を患った場合は、いかなる場合でも加入できない

ペット保険会社が指定する病気を患った場合は、たとえ完治していたとしても保険の加入はできないようになっています。各保険会社が指定している加入不可となる病気は、会社によって異なりますがほとんどは似通っています。そんな加入不可となる病気を以下にまとめてみました。

多くの保険会社で加入不可としている病気

♦ 悪性腫瘍 ♦ 腎不全 ♦ 糖尿病 ♦ 肝硬変(肝線維症) ♦ 副腎皮質機能低下症(アジソン病) ♦ 尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石、ストルバイト尿結晶・シュウ酸カルシウム結晶含む) ♦ 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) ♦ 甲状腺疾患 ♦ 免疫介在性溶血性貧血 ♦ 免疫介在性血小板減少症 ♦ 巨大結腸症 ♦ 巨大食道症(食道拡張症 アカラジア) ♦ 膵外分泌不全 ♦ 猫伝染症腹膜炎 ♦ 猫白血病ウィルス感染症 ♦ 猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症) ♦ 心疾患 ♦ てんかん(突発性てんかん含む) ♦ 門脈シャント ♦ 緑内障 ♦ 白内障 ♦ 水頭症 ♦ 犬糸状虫症(フィラリア症) ♦ 脳炎

命を脅かすような大病や慢性疾患となるような病気の場合は加入を断っているようです。また、ワクチン等の予防接種によって予防できる病気を患った場合も加入対象外としているようです。

残念ながら上記の病気に当てはまったかたはペット保険の加入はあきらめるしかありません。

ただ、「治療させてあげたいけど、治療費が高くて払えない…」という飼い主さんもいると思います。そんな方におすすめしたいのが、ペットローンです。ペット保険はペットが病気になる前から行う医療費の支払対策になりますが、ペットローンはペットが病気になった後に利用する支払い対策となリます。

「治療費を払いたいけど高くて厳しい…」という方は、参考にしてみてください。

高い治療費の支払いに困ったら『ペットローン』にお任せ

つづいては、2つ目のパターンについての紹介です。

条件付きではあるものの病気持ちや治療中のペットでも加入可能

保険会社が指定する病気にかかっていない場合は、加入時の審査はあるものの保険の加入ができる可能性があります。ただ、あくまで加入できる可能性があるということです。

その加入判定の材料は、加入時に記入する告知書となります。

ペット保険に加入する際は、どの保険会社でもペットの健康状態を申告する告知書を提出する必要があり、提出された告知内容を見て保険会社が加入可否の判断を行います。

告知書の内容で特に問題がなければ、晴れてペット保険加入となります。ただ、加入できたとしても注意点が2点あります。

    どのペット保険に加入するにしても同じことが言えますが、ペット保険の補償対象となるのはペット保険の加入期間中に患った病気です。よって、病気持ちで加入した場合や治療中の病気がある状態で加入した場合は、それらの病気は補償対象外となりますので注意が必要です。

    ペット保険会社の審査がOKとなった場合でも免責あり(条件付き)の契約となる可能性もあることがあります。

    免責内容としては、加入前から患っていた病気が再発した場合や過去にかかっていた病気が原因で発症した病気は保険の補償対象外となるというものです。

    簡単に言うと、「うちのペット保険の加入はOKです!ただ、過去にかかっていた病気が関係している治療は保険対象外となります。」といったイメージです。

加入できるの?気になる病気や病歴がある場合は…

加入ができるかはペット保険化医者の判断にゆだねられます病気を患っているペットの加入のルールについて紹介してきましたが、結局のところ加入できるかどうかはペット保険会社の判断にゆだねられます。

自分では加入が難しいと思ってみても保険会社との相談で加入をしてもらえるケースも少なくありません。

各保険会社の公式ホームページにはお問い合わせ窓口がありますが、自分のペットが加入できるかどうかまでは答えてくれません。手間はかかりますが実際に加入の手続きをするしかありません。

病名がつくような病気を一度してしまうと、ペット保険への加入のハードルは少し上がってしまいます。ペット保険に加入する予定のある飼い主さんは、早めに加入することをおすすめします。

保険選びで悩んでいるなら…ペット保険おすすめ比較ランキング

ペット保険の保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいのか?」「似たような保険があるけど何が違うのか?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

ましてや初めてペット保険に加入する人であれば、保険自体の知識がないためとても大変です。

そこで保険会社の補償プランを当サイト独自の視点から比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。

ペット保険選びはちょっとした知識があるだけで「加入後にした…」という思いをするリスクをぐっと下げることができます。保険選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ