えっ、更新(継続)できないの?保険期間中の病気・ケガの扱い

契約更新・継続の各社のルールについて

ペット保険に新規加入する際の前提条件に、『ペットが健康体であること』という条件があります。

つまり、ペット保険に加入できるペットは健康なペットのみという決まりがあります。これはすべてのペット保険会社で適用されている決まりとなり、基本的には健康体でないとペット保険の加入はできないというルールになっています。

では、『ペットが健康体であること』というルールは、契約更新でも適用されるのでしょうか?というのも、ペット保険は1年間の契約となり1年の契約が終わった時に契約更新を行うことで、次年度以降も保険に加入することができます。

そんな契約更新について、次のような声をよく問い合わせいただくことがあります。

Aさん
加入期間中に重い病気をした場合は、次の年も保険に入り続けることが出来るの?

Bさん
加入期間中に患った病気によっては、強制解約・更新拒否となるケースってあるの?

Cさん
各保険会社の契約更新のルールがあるなら教えてほしいです

契約更新のことまで考えて保険選びをする人は少ないと思いますが重要なポイントです。だって、いきなり保険の解約を告げられたらたまったものじゃありませんよね…

このページでは保険の契約更新・継続に関してのルールについて紹介したいと思います。

加入期間中に患った病気によっては更新ができない?

「加入期間中に患った病気やケガによっては保険の更新できないケースがあるのか?」という質問を各保険会社にしてみました。

問い合わせの結果は、各保険会社によってルールが異なる結果となりました。

結果としては次の3つに分かれました。

契約更新のルール 3パターン

  • どんな病気やケガを患ったとしても契約の更新は可能
  • 補償を使い切った場合は、契約の更新できない
  • 更新時に審査を設けていて、その審査でNGとなれば更新できない

それぞれについて詳しく説明して行きます。

どんな病気やケガを患ったとしても契約の更新は可能

このルールを適用しているのが次の保険会社です。

アニコム損害保険、日本ペットプラス少額短期保険、ペッツベスト保険、ペット&ファミリー保険、FPC保険、PS保険

これらの保険に加入した場合はどんな場合でも契約更新が可能となります。

ただ、数社(FPC保険、ペッツベスト保険、PS保険)では更新可能となるものの注意ポイントがありますのでまとめてみました。

PS保険の注意ポイント

PS保険の保険金の支払い条件は次の通りとなっています。

支払い限度額 年間の限度回数
通院保険金 1日あたり1万円まで 年間20日まで
入院保険金 1日あたり2万円まで 年間30日まで
手術保険金 1手術あたり10万円まで 年間2手術まで
年間の支払い限度額 最大100万円まで受け取り可能

通院が20日で入院が30日まで補償と決まっていますが、PS保険の場合は同じ病気の限度回数は契約更新後の翌年度にも引き継がれます。

つまり、契約更新して新しい契約がスタートしても前年と同じ病気を引き続き治療してもらう場合は、前年の支払い回数はクリアされず持ち越しとなります。この支払い回数がクリアされるタイミングは、その病気が完全に完治した際にクリアされる仕組みとなっています。

FPC保険の注意ポイント

FPC保険では契約更新時に審査があり、その結果によっては免責(保険の適用外となる治療)が設定される可能性があります。

症状によって異なってきますが免責が設定される基準としては次の通りです。
<更新時に免責設定される例>

  • 不正が疑われる場合
  • 体質的な傷病が長期間継続している場合
  • 症状の原因が不明で、その症状が長期間継続している場合 

ただ、免責がついている契約の割合を聞いてみたところ、全体のわずか0.1%程度の契約に免責が設定されていると回答いただきましたので、とてもレアなケースのようです。

ペッツベスト保険の注意ポイント

ペッツベスト保険の保険金の支払い条件は次の通りとなっており、注意ポイントは1回の病気・事故に対する支払い限度額です。

ファーストプラン
年間の支払い限度額 100万円まで
1回の病気・事故に対する支払い限度額 50万円まで
1回の病気・事故に対する免責金額(自己負担額) 7,500円
ベーシックプラン
年間の支払い限度額 50万円まで
1回の病気・事故に対する支払い限度額 25万円まで
1回の病気・事故に対する免責金額(自己負担額) 2万円

ペッツベスト保険では、1回の病気・事故に対する限度額は次年度以降にも引き継がれます。

例えは、ファーストプランに加入していたといて、1年目で心臓病の治療で30万円使ったとします。次年度以降の継続してその心臓病を治療する場合は、心臓病に関する保険金の支払いは20万円までとなります。あくまで1回の病気・事故に対する支払い限度額が50万円ということです。

補償を使い切った場合は、契約更新不可

このルールを適用しているのが次の保険会社です。

au保険

au保険の更新のルールは、他社と少し違い特殊な仕組みとなっていて、受け取った保険金が支払い限度額に達してしまった場合は、その時点で契約が失効となり継続ができなくなるというものです。

つまり、限度額いっぱいに保険を使ってしまうと必ず解約となるというものです。高額な治療や慢性疾患を患ったの場合は、注意が必要です。

更新時に審査を設けていて、その審査でNGとなれば更新不可

このルールを適用しているのが次の保険会社です。

アクサダイレクト保険、日本アニマル倶楽部、もっとぎゅっとペット保険

これらの保険は契約更新時に審査を設けています。

契約期間中の保険金のお支払い状況や治療の状況や病状などから次年度に契約を更新してよいか審査を行います。その審査でNGとなった場合は、残念ながら次年度はその保険会社の保険に加入することが出来ません。

更新NGになるケースは、保険期間中に患った病気が再発したり慢性化する可能性が高いと判断した場合に更新NGとしていることが多いとのことです。

また、審査OKとなったとしても、再発性の高い病気と判断された場合はその病気を免責(保険の補償対象外)とするケースもあります。こちらの3社はなかなか厳しい更新条件となっています。

更新ができない可能性のある保険へ加入することのリスク

更新・継続ができない可能性のある保険会社への加入することのリスク

お伝えしたとおり、保険会社によってルールが異なっていることは理解していただけたと思います。また、更新NGの可能性がある4社については、更新を断られる可能性があることはきちんと知っていてほしいです。

ここで注意してほしいのが、「更新がだめといわれたら別の保険に乗り換えればいいや」そんな考えをお持ちの飼い主さんもいると思いますが…

この4社の保険に加入していて更新不可と判断された場合、再発性の高い病気 or 慢性化する病気を患ったと言い換えることができます。そうなると、他のペット保険会社に加入することも難しいことが予想されます。

契約の更新に関しては、意外と見落とされがちですが重要な保険選びのポイントです。ぜひ、気にかけてみてください。

ペット保険選びで悩んでいる方は…

保険選びで迷っている方は、当サイト独自の視点で作ったペット保険のおすすめ保険ランキングを参考にしてはいかがでしょうか?

もちろん、このページで説明した「保険の更新がどんな場合でも可能か?」というポイントも考慮しており、紹介している保険会社はどれも保険加入期間中に大病や慢性疾患を患ったとしても、更新・継続可能な保険となっています。

おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ