各社でこんなに違うの!?待機期間(補償対象外期間)を比較しました

ペット保険には自動車保険や火災保険などの保険にはない”待機期間”というペット保険特有の期間が存在します。たぶん、ほとんどの人がなじみの少ない単語出はないでしょうか?

ただ、この待機期間は保険に加入するうえでは知っておくべきワードであり、勘違いしやすいワードでもあります。

このページでは待機期間について、はじめての方でも分かりやすいレベルで紹介しています。保険の加入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

待機期間とは?

待機期間とは、保険に加入した際に設けられている補償適応外となる期間のことです。つまり、その期間中は保険金の支払いが行われない期間となります。

待期期間は平均すると1カ月~2カ月くらいの期間になることが多いですが、この待機期間中に保険金を受けとれるような治療を動物病院で受けたとしても保険の対象外となりますので保険金の請求をすることはできません。

イメージとしては次の通りです。

待機期間のイメージ

待機期間の長さは、各保険会社で異なっていて、全く設けていないところもあれば、”ケガ・病気・ガン”に対してそれぞれにたいして設定している保険会社も存在します。

そもそもなぜ?待機期間が設けられている理由

初めて聞いた人にとっては理解に苦しむかもしれません。「何のためにあるの?」と疑問を持つ人も多いかも知れませんが、これにはきちんと理由があります。

待期期間が設定されている理由
★加入前にかかっていた病気の潜伏期間を考慮するため
保険に加入するための前提条件として、ペットが健全であるという取り決めがあります。発症はしてないものの加入する前から潜伏してるケースについては補償対象外の取り決めとなっているため待機期間が設定されています。

★ケガや病気を発症してから保険に加入しようとする不正対策
既に病気があるにも関わらず故意に保険に加入して、保険金を受けとろうと考えている人対策のために設けられています。つまり、不正防止のために待機期間が設けられています。

以上の2つが大きな理由となります。

それもこれも保険の契約者とペット保険会社との関係に、”公平・平等”を保つために設定されています。不公平な関係となれば、いずれサービスとして成り立たなくなるはずです。

待機期間新規加入した時の始めの数か月のみ

1点、待機期間についてとても大切なポイントがあります。

待機期間が設定されているのは、新規加入した初めの数か月間となります。

ペット保険は1年契約となりますので、更新後の2年目以降については待期期間は設けられていませんのでご安心ください。これはすべてのペット保険会社でそのような仕組みとなっています。

確かに待期期間は加入者にとっては何のメリットもありませんが、何年も加入することになると思いますので、はじめの数か月が補償対象外ということであれば我慢できるんじゃないでしょうか?

各保険会社でこんなに違う!各保険の待期期間を比較しました

待機期間は保険会社によって異なるとお伝えしました。そこで各保険会社の待機期間についてまとめてみました。

表の見方としては、ケガが”30日”と書いてあれば、ケガの待機期間30日ということです。つまり、ケガについては最初の30日は補償対象外ということです。

会社名 ケガ 病気 がん 詳細
アイペット損害保険 待機期間なし 待機期間なし 待機期間なし
アクサダイレクト保険 待機期間なし 30日間 120日間
アニコム損害保険 30日間 30日間 30日間
日本ペットプラス少額短期保険 待機期間なし 30日間 60日間
プリズムコール 待機期間なし 待機期間なし 45日間
ペッツベスト保険 待機期間なし 14日間 14日間
ペット&ファミリー保険 15日間 30日間 90日間
au損保 待機期間なし 30日 30日間
FPC保険 待機期間なし 待機期間なし 待機期間なし
PS保険 待機期間なし 待機期間なし 待機期間なし

待機期間がない保険の落とし穴

待機期間なしの保険はやっぱり魅力的ですよね。例えば、FPC保険やPS保険、アイペット損害保険など。

ただ、実は待機期間なしといっても少しカラクリがあります。

待機期間なしの保険であっても、加入決定してから1ヶ月位してから契約開始となるため、結局は申し込み後のすぐに保険が開始される訳ではありません。

また、待機期間の長さには各社で差がありますが、保険を選ぶ際には待機期間の長さはオマケ程度に考えたほうがよいかなと思います。

というのは、待機期間は保険に新規加入した1年目のみのため、影響があるのはほんの数ヶ月です。よって、待機期間がある保険に加入してもそれほど大きなデメリットにはならないと考えています。

それより優先するのは、補償内容がしっかりした保険を選ぶことです。待機期間がなしの保険であっても、補償内容がとても薄っぺらいものでしたら意味がありませんよね。

2つの保険で迷っているときに、待機期間が短い保険を選ぶくらいの感覚でいいかなと個人的には思います。

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ