猫におすすめな保険はどこ?~決め手は腎不全・慢性疾患の補償~

猫におすすめなペット保険を探しましょう空前の猫ブームにのって、いまや犬の飼育数を超えそうな勢いで猫の飼育数が増えていて、猫が上回るのも時間の問題といわれています。

一方で、猫にかかる医療費もどんどん増えているのをご存知でしょうか?

猫の生涯でかかる医療費は、約70万円と統計が出ています。びっくりするくらいの高額ですよね…

そんな流れからペット保険の加入者は年々増加の傾向にあります。ただ、保険選びを始めてみるとわかりますが、

Aさん
そもそもペット保険自体がどんな保険なのかがイマイチわかってなくて、何を基準に選べばいいのかさっぱりわからない…

Bさん
いい感じな保険は見つかったけど、イマイチ本当にこの保険でいいのか不安だった…

といった具合に、わからないがゆえに保険選びにとても苦労します。

そこでこのページでは、猫の保険選びのポイントと猫におすすめなペット保険についてまとめてみました。

ここをチェック!失敗しないペット保険の選び方(猫編)

保険選びをしていると感じるかもしれませんが、いろいろな情報があり、何を基準に保険を選べばよいかわかりにくいと思います。

ただ、実際のところ保険選びで本当に見ないといけない項目って意外と多くありません。多くのポイントを見るのはかまいませんが、肝心の重要なポイントを見落としては意味がありません。

まずは、保険選びをする際に確認すべき3つのポイントを紹介します。

猫のペット保険選びでのチェックポイント

  • 猫がかかりやすいガン、心臓病、腎不全を補償対象としているか?
  • 慢性疾患(腎不全)でも安心な通院補償の手厚い保険となっているか?
  • 保険金の年間の支払い限度額が高額な保険となっているか?

猫がかかりやすいガン、心臓病、腎不全を補償対象としているか?

次のグラフが猫の死因となった病気ランキングとなります。

猫の死因トップランキング1位  ガン 38%
2位  腎不全 22%
3位  猫伝染性腹膜炎 10%
4位  心臓病 7%
5位  肝臓病 6%
6位  猫エイズ 6%
7位  猫白血病 5%
8位  甲状腺機能亢進症 3%
9位  肝臓病 2%
10位 ウイルス性呼吸器感染 1%
出典:日本アニマル倶楽部「犬・猫 死亡原因病気TOP10」

見ての通り、ガンと腎不全だけで全体の6割を占めています。

あまり考えたくないですが、猫の最期は何かしらの病気によって一生を終えることが多く、高齢な猫はガンや腎不全を患う可能性がとても高くなります。その対策としてガンや心臓病、慢性腎不全などの病気をしっかりと補償してくれるペット保険を選ぶことが大切です。

慢性疾患(腎不全)でも安心な通院補償の手厚い保険となっているか?

ご存知の方も多いと思いますが、高齢な猫にとっては慢性腎不全はとてもやっかいな病気です。その最たる理由が発症率にあります。統計によると10歳をこえると3匹に1匹の割合で発症するといわれています。

さらに、発症すると定期的な通院が必須となり、残念ながら一生治療が続くと思っていたほうがいいでしょう。治療費は投薬や定期的な血液検査、点滴などでかさみ、症状にもよりますが10万円以上の出費となることも珍しくありません。

よって、定期的な通院が必要となった場合でも安心できるような、通院補償が手厚い保険を選ぶことをおすすめします。確かに手術や入院も大切ですが、猫の場合は通院の方を重視することをおすすめします。

保険金の年間の支払い限度額が高額な保険となっているか?

保険金の年間の支払い限度額が高額な保険を選ぶ保険会社は「1日2万円までであれば保険金をお支払いします」「年間50万円までであれば保険金をお支払います」といった具合に支払う保険金額の上限を設定しています。

保険の手厚さを確認する場合にチェックしてほしいのが、保険金の年間の支払い限度額です。年間の支払い限度額が高額であるほど、大病を患った場合や慢性疾患を患った場合でも、できるだけたくさんの保険金を受け取ることができます。

ただ、年間の支払い限度額が高くなれば、それに伴って支払う保険料も高くなります。補償内容と保険料を見比べて、無理のないバランスの取れたプランを選択することが大切です。

また、ペット保険は掛け捨ての保険のため、払い損のリスクもあります。意見が別れるところではありますが、手厚い補償の保険は払い損の額も多くなるため、ほどほどの補償内容の保険で十分と考えています。

以上の3点をふまえて、猫にピッタリのおすすめな保険を紹介したいと思います。

どこがいい!?猫に特化したにおすすめペット保険

当サイトがおすすめする保険はFPC保険となります。※もちろん上記の3ポイントは重視しています

FPC保険

終身Okで保険料がお手ごろ!猫にピッタリのFPC保険

補償範囲 手術、入院、通院すべて補償対象
補償割合 50%、70%
年齢条件 新規加入:生後30日~9歳未満
更新加入:終身OK
この保険のおすすめポイント

  • お手ごろな保険料にもかかわらず、補償はしっかり
  • 猫にとっては大切な通院補償が他社より手厚い
  • 一度加入してしまえば終身での契約が可能
  • 【他の保険と比較】保険料の安さについて
  • FPC保険の特徴はなんといっても業界トップクラスの保険料の安さです。次の表がFPC保険の年齢別の保険料をまとめたものです。

    プラン 0歳~4歳 5歳~8歳 9歳~11歳 12歳~ 平均保険料
    50%補償プラン 1,590円/月 2,390円/月 2,390円/月 2,620円/月 2,026円/月
    70%補償プラン 1,950円/月 2,930円/月 2,930円/月 3,180円/月 2,485円/月

    業界最安の保険料という点が素晴らしいのはもちろんのこと、高齢な猫ちゃんにとって高くなりやすい保険料が、12歳以上は保険料引き上げなしという点も大きな魅力です。高齢になるにつれて病気を発症する可能性が高くなることを考えると、かなりお得といえます。

  • 【他の保険と比較】保険金の支払い条件について
  • 「保険金の支払い条件=補償内容の手厚さ」となります。そんなFPC保険の保険金の支払い条件は次の通りです。

    支払い限度額 年間の限度回数
    通院保険金 1日あたり1.25万円まで 年間30日まで
    入院保険金 1入院あたり12.5万円まで 年間3入院まで
    手術保険金 1手術あたり10万円まで 年間1手術まで
    年間の支払い限度額 最大85万円まで受け取り可能

    FPC保険の補償内容について優れている点は次の2点です。

    ①年間の支払い限度額が業界2位の高さ
     ⇒ 年間の支払い限度額が高いということは、保険会社から支払われる保険金額が高いということです。つまり、高額な治療でも少ない自己負担額で抑えることができます。

    ②利用頻度の一番多い通院補償がとにかく手厚い
     ⇒ 猫の場合は慢性疾患を患いやすく、発症した場合は定期的な通院が必須となります。そういう意味でも通院補償が手厚い保険を選ぶことがポイントとなります。FPC保険は通院補償の支払い限度額や限度回数が設定してある他の保険と比べると、どこよりも手厚い補償内容となっています。

  • 【FPC保険】特徴まとめ
  • FPC保険をおすすめ保険として選んだ一番の理由は、コストパフォーマンスのよさです。業界最安の保険料にもかかわらず、補償内容はしっかりとした内容となっています。

    ペット保険への加入を検討している飼い主さんには、FPC保険をぜひチェックしてみてください。気になる方は公式ページへ。

猫ちゃんの飼い主さんにFPC保険をおすすめしたい理由

FPC保険の魅力をもう少し詳しくまとめてみました。

猫に特有の慢性疾患をでも安心な終身保険が可能な保険

FPC保険は一生涯加入可能な終身契約が出来るペット保険

猫に限らずそうですが、高齢になればなるほど病気は患いやすくなります。

説明したとおり、慢性腎不全などの慢性疾患は10歳を超えてからがどんどん発症率が上がっていきます。

一方、「契約更新できる年齢は12歳まで」といった具合に、年齢制限を設けているペット保険も存在します。一生涯入ろうと思っていた保険が、ある年齢をさかいに更新できないとなればとても困りますよね…

そんななかFPC保険は一生涯加入可能な終身契約が出来るペット保険となっています。自分の意思で保険の退会を申し出ない限り、加入し続けられる保険となっていますので高齢な猫にも安心です。

うれしい免責金額(自己負担額)なし

保険用語で”免責金額”という言葉をご存知でしょうか?

自動車保険などで馴染みのある人も多いかもしれませんが、免責金額は自己負担額のことです。例えば、免責金額5,000円の保険に加入していた場合、保険が適用されるのは免責金額を超えた場合のみです。また、5,000円は自分で自己負担することとなります。

具体例で説明した方がわかりやすそうです。

補償割合50%で免責金額が5,000円の保険に加入したと仮定します。

ケース①通院費が3,000円だった場合

医療費が免責金額(5,000円)以下のため、受け取ることのできる保険金は0円です。よって、自己負担額は3,000円となります。

ケース②手術費が5万円だった場合

受け取ることのできる保険金は…

(5万 – 5,000円)× 0.5(50%) = 2万2,500円

よって、自己負担額は2万7,500円となります。

といった具合に、免責金額がある保険はどんな場合でも免責金額分は自分で支払う必要があります。ただ、免責金額ありの保険には保険料がとても安いというメリットもありますが、どうせ加入するなら自己負担額の少ない免責金額0円の保険がいいですよね…

FPC保険は免責金額0円の保険となりますので、免責金額で頭を悩ませることはありません。

また、FPC保険の保険料は業界2位です。免責金額が0円でもこれだけ安いのですから、いかにFPC保険がコストパフォーマンス人優れた保険かがわかると思います。

猫におすすめな他社の保険と徹底比較

FPC保険と他の保険会社の保険を比較してみました。

※スマホで見ている方は、横にスクロール可能です。

ペット保険 FPC保険
FPC保険
ペッツベスト保険
ペッツベスト保険
日本ペットプラス少額短期保険
日本ペットプラス少額短期保険
PS保険
PS保険
アニコム損害保険
アニコム損害保険
保険料の価格ランキング ★★★ ★★ ★★ ★★★
補償範囲 入院・通院・手術がすべて対象プランの販売あり
補償割合 50%
70%
80% 50%
70%
90%
50%
70%
100%
50%
70%
年間の合計支払い限度額限度額 85万円 50万円
100万円
50万円
70万円
90万円
100万円 60万円
84万円
加入できる年齢条件 新規:生後30日~9歳未満
更新:終身OK
新規:生後31日~満11歳未満
更新:満20歳まで
新規:生後120日~9歳未満
更新:終身OK
新規:生後50日~16歳11ヶ月未満
更新:16歳11ヶ月未満まで
新規:~7歳11ヶ月未満
更新:終身OK
契約更新のルール 大病を患ったり慢性疾患となるような病気を患ったとしても契約更新時に退会を告げられることはありません!
おすすめポイント お手ごろ保険料なのに充実補償をかねそなえたコスパの良さ魅力! 高額な医療費が掛かる手術でも安心の手厚い補償でサポート! 安さ、特約の充実、保険金支払いスピードとたくさんのおすすめポイントあり♪ 手術や入院などに手厚い補償の保険を探している飼い主さんにはピッタリ! 業界最大手の安心感!高い顧客満足度だからできた加入者数No.1保険です!
公式HPへ 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

愛猫ちゃんの保険をお探しなら『FPC保険』がおすすめ

お伝えしてきた通り、猫のペット保険ならFPC保険がおすすめです。

安いからといって決して補償内容が薄い訳ではありません。むしろ年間の支払い限度額85万円や免責金額0円などを加味すると、十分すぎるくらいの補償内容となっています。

また、当サイトからの猫の加入が一番多い人気の保険がFPC保険となります。やはり、この保険料でこれだけ手厚い補償が準備されていたら、人気が出るのもうなずけます。

加入する保険を迷っているのであれば、FPC保険に加入してはいかがでしょうか?

このページの先頭へ