中型犬・大型犬におすすめのペット保険会社

このページでは、中型犬・大型犬におすすめの保険を紹介したいと思います。

犬の有名どころとしては次などでしょうか。

  • 中型犬
  • ビーグル、シェットランド・シープドッグ、アメリカン・コッカー・スパニエル、柴犬、ブルドッグ

  • 大型犬
  • ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、シベリアンハスキー、ドーベルマン

などなど、名前だけ挙げてみましたが犬種も性格も多岐にわたります。よく動き、じゃれてくる姿は皆さんも想像されているのではないでしょうか。

室内飼いも屋外飼いもできるというメリットの1つです。

飼っている中型犬・大型犬をペット保険に加入しようとなった場合ですが、保険選びのポイントや注意点が存在します。

加入後に「そんなはずじゃなかったのにー」とならないよう、ペット保険についてしっかりと理解を深めてから加入することをおすすめします。せっかくお金を払って入った保険なのに、後悔があっては残念です。

これから中型犬・大型犬のおすすめ保険について紹介を行っていくのですが、保険選びをしている人の中にはペット保険をあまり知らない人やどんな観点で保険選びをしたらいいのかわからない方も多くいると思います。

そんな飼い主さん向けに保険選びをする際のポイントを次のリンク先にまとめていますので、確認してから読み進めると理解もしやすいかと思います。

もう迷わない!ペット保険の選び方~注目すべき5項目~

まずは、中型犬・大型犬のペット保険の特徴について紹介していきましょう。

中型犬・大型犬のペット保険の特徴

中型犬・大型犬のペット保険の特徴は、小型犬に比べると保険料は割高となっています。

保険料のイメージとしては、

(安い) 猫 ≦ 小型犬 < 中型犬・大型犬 < 大型犬 (高い)

中型犬・大型犬のおすすめペット保険

「中型犬・大型犬だったらここの保険!」というようにおすすめできる特定の保険会社は実はありません。

誰にでもおすすめできるような突出して優れた保険会社がないのもありますが、どんな保険がその人にとって最良の保険になるのかは飼い主さんによって異なります。

たとえば、安い保険料の保険を探しになっている人もいれば、補償が充実した保険を探している人もいると思います。

本サイトでは、飼い主さんに最良の保険を選んでもらえるようさまざまな視点(ポイント)から各保険会社を比較しています。

いろいろな視点から総合的に判断して自分に合った保険を見つけてもらえたらなと思っています。

その1つに保険料の価格帯による保険選びを紹介します。

保険料の価格帯による保険選び

保険選びをする中で多くの飼い主さんにとって大きなウエイトを占めるのは、保険料の安さだと思います。

下に保険料の価格帯によるおすすめ保険の紹介をしたいと思います。
本サイトは保険料の価格帯ごとに次の通り3つに保険プランを分類しています。

補償割合:50%、血統種(チワワ)のケース
5歳まで 10歳まで 10歳以降
低価格保険料保険プラン 1,500円/月 2,500円/月 3,000円/月
バランスタイプ保険プラン 2,000円/月 3,500円/月 4,000円/月
補償重視タイプ保険プラン 3,000円/月 5,000円/月 5,500円/月

まずは、自分が考えている保険料の価格帯のおすすめ保険をチェックしてみてください。

低価格保険料保険プランのおすすめ保険

一番安い価格帯の保険が気になる方も多いと思います。

安さのみを求めるのであれば、FPC保険がおすすめです。
理由としては、保険料が犬・猫・品種とわず同じ設定となっているためです。

前述したとおり、保険料は次のイメージです。

(安い) 猫 ≦ 小型犬 < 中型犬・大型犬 < 大型犬 (高い)

他社では小型犬に比べ高く設定している保険料をFPC保険では小型犬と同額の保険料に設定しています。

中型犬・大型犬の安い保険料のペット保険の加入を考えている方はここがお得です。

ただ、保険料だけをみて保険会社・補償プランを決定するのはあまりおすすめできません。しっかりと補償内容が自分の求めているものにあっているかもしっかりチェックしましょう。リンク先で何社かのおすすめ保険会社を紹介していますので確認してみてください。

安い保険料保険のおすすめペットの保険に関してはこちら 

バランスタイプ保険プランのおすすめ保険

こちらの保険会社は、低価格保険料保険プランに比べ補償内容がしっかりしています。

複数の補償割合のプランが用意されているのも加入者にとってもうれしいですね。さらに、プラスアルファのサービス(特約、割引サービス)などが充実してくるのも特徴です。

バランスタイプの保険でおすすめするプランはこちらのリンク先をご覧ください。

バランスタイプのおすすめペットの保険に関してはこちら 

補償重視タイプ保険プランのおすすめ保険

こちらは、とにかく補償内容を重視している保険会社・補償プランとなります。

保険料が割高になるのは目をつぶっていただきたいですが、高い保険料に見合った補償内容となっています。

プラスアルファのサービス(特約、割引サービス)はもちろんですが、高額医療費となることが多い手術を必要とするの場合でも安心して高額医療をペットに受けさせてあげるようしっかりとした補償内容が特徴です。

加入者にとってはここに入っていればまず安心!という補償プラン内容となっています。
おすすめするプランはこちらのリンク先をご覧ください。

補償重視タイプのおすすめペットの保険に関してはこちら 

その他のペット保険選び

保険料の価格によるペット保険選び以外にも、本サイトではさまざまな観点からの保険選びを行っています。是非チェックしてみてください。

しっかりと保険について知識を蓄えて、自分の納得した保険に加入しましょう。

  • ペットの年齢に合わせたペット保険選び
  • 年齢によって患いやすい病気・ケガの傾向や通院率も異なってきます。

    それに伴い、ペットの年齢によってもおすすめの保険会社異なってきます。そんな年齢ごとに合わせたおすすめの保険会社の紹介をしています。

  • 保険金の支払い条件から比較するペット保険選び
  • ペット保険会社毎に保険金の支払い条件は異なります。

    年間の支払い限度額を条件にしている保険会社もあれば、1日の支払い限度額を設定している保険会社もあります。

    そんな保険会社毎に異なる保険金の支払い条件ごとに分類したなかで比較し、おすすめの保険会社の紹介をしています。

  • 特約内容で比較するおすすめのペット保険会社
  • ペット保険会社毎に付帯できる特約は異なってきます。

    そんな保険会社毎に異なる付帯できる特約ごとに分類したなかで比較し、おすすめの保険会社の紹介をしています。

  • 全額補償(補償割合100%)のおすすめペット保険
  • ペット保険の中には全額補償(補償割合100%)の保険が存在します。

    保険料は高くなってしまいますが、そのような補償プランのおすすめなペット保険を比較、紹介しています。

最後に

中型犬・大型犬の病気は、小型犬に比べて体が大きいのもあり重症化する傾向にあります。

「保険料が高くて辛い…」という方もいるかもしれませんが、手術や入院なども薬剤が多くなったり、手術が大規模になったりと必要となる医療費も小型犬に比べると高くなりますので保険の恩恵を受けやすいと考えています。

万が一に備えて、最良のサポートができるよう補償が充実した保険に加入することをお勧めします。

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ