ペット&ファミリー保険の特徴(メリデメ)と評判について

ペット&ファミリー保険の特徴や口コミを徹底解説!
このページではペット&ファミリー保険『げんきナンバーわんスリム』プランの特徴や気になるデメリットや口コミ(評判)について紹介しています。

保険選びをしている人にとって少しでも参考になればうれしいです。

ここがおすすめ!ペット&ファミリー保険の特徴

保険のタイプは”通院・入院・手術”の全てを補償するプランとなっていて、補償割合は50%と70%の2種類から選ぶことが可能となります。保険のプランについては同じようなプランを販売している保険会社は多くあり、オーソドックスな保険といえます。

補償範囲 選べる補償割合
手術 入院 通院
50%、70%

例えば70補償%プランに加入していた場合、医療費が1万円だった場合、保険金として7千円がペット&ファミリー保険より支払われます。

とにかくお手ごろな保険料が人気の秘密

ペット&ファミリー保険の魅力の1つに保険料の安さがあります。

ペット保険の保険料は、年齢の増加とともに保険料は高くなります。これはペット&ファミリー保険に限らず、ほとんどのペット保険が同じ仕組みです。

各年齢ごとの金額を書くと細かくなりますので、全年齢(0歳~10歳)の平均保険料についてまとめてみました。

小型犬 中型犬 大型犬 特大犬
50%
補償プラン
1,958円/月 2,386円/月 2,895円/月 4,066円/月 1,679円/月
70%
補償プラン
2,365円/月 2,965円/月 3,679円/月 5,318円/月 1,975円/月

※小型犬:体重7.2kg以下  中型犬:体重19.8kg以下 大型犬:体重39.6kg以下  特大犬:体重39.6kg超

例えば50%の小型犬の平均保険料は2,000円を切っています。冗談抜きで、これだけ安い保険料の保険はありません。しかも、10歳以上のペットの保険料は値上がりなしのため、高齢ペットの飼い主さんにはとてもおすすめな保険といえます。

続いては、保険金の支払い条件についての説明です。

高額な治療費が必要となるケースでも安心な手厚い保険金額の支払い条件

その保険の補償内容が手厚いか否かは、保険金の支払い条件がカギを握っています。

どういうことかというと、「保険金の支払いは、1日あたり○○円まで」「1日あたりの支払い制限はないけど、年間の合計支払額は○○万円まで」っといったように受け取ることができる保険金には上限が存在します。これはペット&ファミリー保険だから設定されているのではなく、すべての保険会社で設定されています。

“保険金の支払い条件が良い ⇒ その保険は手厚い”となります。

そんなペット&ファミリー保険の保険金の支払い限度額や支払い限度回数は次の通りです。

支払い限度額 年間の限度回数
通院保険金 1日あたり:無制限
※免責金額:あり 
1日あたり:3,000円
無制限
入院保険金
手術保険金
年間の支払い限度額 最大50万円(50%プラン)まで受け取り可能
最大70万円(70%プラン)まで受け取り可能

多くのペット保険では、「通院の限度額は1日1万円で、手術の限度額は10万円です。」といった具合に1日の治療費に対して支払われる保険金の上限を設定している保険が多いです。

一方で、ペット&ファミリー保険は1日あたりの保険金には受取額が無制限となっているため、1日の限度額を気にする必要がなくなります。1日あたりの限度額が無制限というメリットは、治療費が上がれば上がるだけ大きな恩恵になります。

保険金の請求がラクチン!病院の窓口にて保険金の精算が可能

保険に加入したことのない人にとっては想像しづらいかもしれませんが、ペット保険の保険金の精算は、意外と手間がかかって面倒と感じることが多いです。しかも、1,000円程度の少額の金額であれば「もういいや」と保険金の請求をしない人も多くいるのも事実です。

というのも、ペット保険の保険金の精算の一般的な方法は書面にて保険金を請求するという方法です。(書面請求タイプ)診察を受けた後の医療費の支払いはいったん自分で全額自己負担で支払い、後日に指定されている保険金の請求書類を記入し、保険会社へ郵送で保険金請求するというという方法です。

それに対して、ペット&ファミリー保険は普段私たちが病院で支払いしているように窓口で支払いが可能となります。(窓口精算タイプ)つまり、動物病院で支払う金額は保険金の割り引きがされた状態の金額で支払いが可能となるということです。

このやり方だと保険金の請求漏れを心配することもないですし、後日に行う面倒な保険金の請求書類の作成も不要となり、加入者の方にとって負担が少ないというメリットにつながります。

書面請求タイプと窓口精算タイプについて
窓口精算で面倒な書面申請不要に

知っておきたいペット&ファミリー保険のデメリット

では、ペット&ファミリー保険のデメリット(欠点)についても紹介しておきたいと思います。実際に加入しようと思っている方は、気になるところですよね。

免責金額(自己負担額)が3,000円あり

『保険料も安くて、補償内容も手厚い!』さすがにこれだけメリットばかりあれば、デメリットも存在します。それは、免責金額(自己負担額)が3,000円設定されているという点です。

免責金額とは『免責金額=自己負担額』と思っていただけたらOKですが、例で説明したほうがわかりやすそうだったんで以下にまとめました。

ペット&ファミリー保険の補償割合50%のプランに加入したと仮定して、下記のケース①②でいくらの保険金がもらえるかを説明します。

ケース①通院費が5,000円だった場合

受け取ることのできる保険金は…

(5,000円 – 3,000円)× 0.5(50%) = 1,000円 となります。

よって、自己負担額は4,000円となります。ちなみに、免責金額以下の治療費だった場合は、保険が適用されないため全額自己負担となります。

ケース②手術費が5万円だった場合

受け取ることのできる保険金は…

(5万 – 3,000円)× 0.5(50%) = 2万3,500円 となります。

よって、自己負担額は2万6,500円となります。

このように免責金額があると自己負担額の金額は少し増えてしまいます。補償内容の手厚さや保険料の安さがあるため、このデメリットはやむなしかなぁとも思いますが、少し残念です。

実際に聞いてみた加入者の声(口コミ・評判)

<加入者の声(口コミ・評判)良かった声>

Aさん(20代:ペット(チワワ))
ペット&ファミリー保険をおすすめしたいのは保険料の安さです。2,000円以下の保険料にもかかわらず、補償内容もしっかりしているのはとても目をひきました。

Bさん(40代:ペット(ダックスフント))
以前は他の保険に入っていたのですが保険金の請求が面倒で、保険の更新の際に窓口精算可能なペット&ファミリー保険にしました。
保険料や補償内容も満足ですし、なにより保険金の請求が楽になったのが大きいです。

Cさん(30代:ペット(チワワ))
人間の保険の契約と違い、ウェブですべて契約ができ、必要書類もペットの写真くらいなので加入の手続きがすごくラクでした。

また、大きな手術や入院だけでなく、通常の通院にも保険が適用されるので使いやすいです。支払回数に制限がないのもケガしがちなうちの犬には助かりました。

<加入者の声(口コミ・評判)残念な声>

Eさん(50代:ペット(秋田犬))
書類にて保険金を請求する時がやや煩雑でした。一度は動物病院に全額払わねばならず、手持ちがない場合はあまり役に立ちません。

また、提携している病院ならば窓口で保険金額が控除された金額での精算となるのですが、私の住む県では窓口精算可能な病院が2つしかないため、窓口精算のメリットがいかせなかったのは残念でした…


Fさん(40代:ペット(マルチーズ))
免責金額があるのは、いい保険なだけに残念でした。3,000円という金額も少し高く、通院費だとギリギリいくかいかないかの微妙な金額となり、利用できなかったときのショックが大きいです。

ペット&ファミリー保険はこんな人におすすめ

手厚い補償でサポートしてくれる保険をお探しの方
デメリットでも紹介しましたが免責金額があるため、ペット&ファミリーの保険は治療費が安くなりがちな通院補償にはあまり向かない保険となります。いかんせん、免責金額(3,000円)以下の治療費だった場合は1円も保険金が支払われません。

一方で、入院や手術などの高額な治療に対して強い補償内容となっています。

そのような特徴からペット&ファミリー保険は高額な治療に備えて保険選びをしている飼い主さんにおすすめしたい保険となっています。

安心なペット保険大手の保険をお探しの方
ペット保険業界ではペット&ファミリー保険は大手保険の部類に属します。大同生命も母体のT&Dグループの保険となっており、保険会社としての信頼はピカイチです。

ペット保険会社は会社規模の小さな少額短期保険が多く、世間を騒がすようなトラブルが発生した際には会社の存続にも影響しかねないのですが、ペット&ファミリー保険はT&Dグループのバックにも支えられているため、その点に関しては心配後無用です。

ここまでペット&ファミリー保険の特徴(メリット・デメリット)や口コミについて紹介してきましたが、ここまで読んでくださった飼い主さんの中には加入を迷っている人もいるんじゃないでしょうか?そんな時は無料でできる資料請求サービスを利用してみることですおすすめしたいです。

このサイトで紹介したことはもちろん、さらに詳しい説明がついてきますのでよりペット&ファミリー保険について知ることができると思いますし、送られてきた資料を見るとまた違った印象を持つかもしれません。

下のリンク先から開くページの資料請求ボタンを押すと必要な情報の入力画面が出てきて、3分もあれば手続き完了できますので活用してみてください。

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ