コスパの良さは業界トップ!PS保険の特徴と気になる口コミ(評判)

安さとしっかり補償を兼ね備えた PS保険

PS保険は高い顧客満足度が魅力の保険となっていて、毎年のようにオリコンの顧客満足度ランキングで常連となっているペット保険となります。

2017年のオリコンランキングで総合ランキング1位を獲得しています。

そんなPS保険の顧客満足度の高さには理由があるはずです。そこで他社と比較して探ってみたところ、いろいろな理由が見えてきました。本ページではPS保険の顧客満足度が高い理由や誰もが気になる口コミやデメリットについて紹介しています。

ペット保険選びをしている人は参考にしてみてください。

人気の理由はココにあり!PS保険の特徴

ホームページやパンフレットなどを見た方ならわかるかもしれませんが、PS保険は保険料の安さをウリにしている保険会社さんです。

基本プランとしては下記の通りです。

補償範囲 選べる補償割合
手術 入院 通院
50%、70%、100%

PS保険の補償プランは通院・入院・手術のすべてが補償対象となっていて、病院で支払った医療費の50%または70%または100%が保険金として支払われる定率タイプの保険となっています。補償割合は自分で好きな割合を選択可能です。

例えば70補償%プランに加入していた場合、医療費が1万円だった場合、保険金として7千円がPS保険より支払われます。

保険料は若干高めの設定となってしまいますが、ペット保険では珍しい全額補償(100%)の保険を販売しています。「ペットの医療費は、保険にすべて任せたい!」という方にはピッタリなプランです♪

続いては、PS保険のウリでもある保険料についてみてみましょう。

PS保険の最大のウリ!お手ごろな保険料

ペット保険の保険料は、年齢の増加とともに保険料は高くなります。これはPS保険限らず、ほとんどのペット保険が同じ仕組みです。

各年齢ごとの金額を書くと細かくなりますので、全年齢の平均保険料についてまとめてみました。

小型犬 中型犬 大型犬
50%補償プラン 2,085円/月 2,393円/月 2,612円/月 1,847円/月
70%補償プラン 2,732円/月 3,132円/月 3,425円/月 2,418円/月
100%補償プラン 3,551円/月 4,045円/月 4,408円/月 3,164円/月

平均の保険料となりますので、年齢が若い場合はこの金額より更に安くなりますし、高齢になれば逆に高くなります。

ただ、皆さんが気になるのは他の保険と比較して安いのか?高いのか?というところだと思います。

そこでPS保険と同じく入院・通院・手術が補償対象のプランを販売している他のペット保険(主要ペット保険会社10社)の保険と比べてみました。結果は、PS保険の保険料は10社中犬は2位、猫は3位の保険料の安さでした。いかに安さに特化した保険プランということがわかると思います。

実際に自分のペットが今の時点で加入した場合の保険料が知りたい方は、こちらのPS保険の公式ホームページでシミュレーション可能ですので確認してみてください。(無料で確認可能です)

続いては、保険金の支払い条件についてです。

年間の支払い限度額は業界一!安いのに手厚い補償内容

ペット保険では保険金の支払い条件が必ず設定されています。

例えば、「保険金の支払いは、1日あたり○○円まで」「1日あたりの支払い制限はないけど、年間の合計支払額は○○万円まで」っといったように受け取ることができる保険金には上限が存在します。これはPS保険だから設定されているのではなく、すべての保険会社で設定されています。

保険会社によってその条件は異なってくるのですが、PS保険の保険金の支払い限度額や支払い限度回数は次の通りです。

支払い限度額 年間の限度回数
通院保険金 1日あたり1万円まで 年間20日まで
入院保険金 1日あたり2万円まで 年間30日まで
手術保険金 1手術あたり10万円まで 年間2手術まで
年間の支払い限度額 最大100万円まで受け取り可能

※どの補償割合(50%,70%,100%)のプランを選んだとしても、同じ限度額・限度回数です

仮に通院・入院・手術の年間限度回数をすべて使った場合、年間最大100万円もの保険金を受け取ることが可能です。この100万円という金額は、ペット保険業界一の高い保険金額となります。例えば大手のアニコム損害保険やアイペット保険の年間の合計支払い限度額は、次の表の通りPS保険よりずっと低い金額となっています。

プラン 年間の合計支払い限度額
PS保険 50%プラン 100万円
アイペット損害保険 うちの子
(50プラン)
72.8万円
アクサダイレクト保険 50%プラン 50万円
アニコム損害保険 50%プラン 60万円
ガーデン少額短期保険 プラチナプラン
(50%プラン)
50万円
ペッツベスト保険 ベーシックプラン
(80%プラン)
50万円
ペット&ファミリー保険 50%プラン 50万円
もっとぎゅっと少額短期保険 M・Lプラン
(70%プラン)
70万円
au損保 50%プラン 70万円
FPC保険 50%プラン 85万円

ペット保険会社から支払われる保険金が高いということは、その保険の補償内容は手厚いと言い換えることができます。

安い保険料プランにもかかわらず、安心の補償内容

お手ごろな保険料プランでは珍しい特約が付帯可能

特約が用意されているのもPS保険のおすすめポイントです。

PS保険では、『ペットセレモニー費用特約』『ペット用車イス費用特約』の2つの特約が付帯可能で、付帯するかは飼い主さんが選択することができます。※うれしいことに『ペット用車イス費用特約』は無料でついてきます

別名「火葬費用等担保特約」と呼ばれていて、どのペットにも訪れる最期の時のお見送り費用のサポートをしてくれる特約となります。

<費用を負担してもらえるケース>
・ペットの火葬にかかった費用
・ペットの顕花代

<ペットセレモニー費用特約の補償内容>
・支払い限度額 : 3万円

<付帯することでかかる保険料>
・年齢によって異なってきますが、月々数百円プラスになる程度です。

交通事故などで飼っているペットが足を失った場合に、車椅子などの補助装置の代金を負担してくれる特約となります。

<ペット用車イス費用特約の補償内容>
・支払い限度額 : 10万円

<付帯することででかかる保険料>
無料(加入することで自動的に付帯)

あっという間!保険金の受け取りがたった数日で可能♪

動物病院で治療を受けた際の医療費に対する保険金の請求方法についてですが、PS保険では一般的な書面請求タイプの精算方法となります。

PS保険の保険金の請求方法
・書面請求タイプとは?
治療・検診を受けた際の治療費はいったん自分で支払いをし、後日に保険会社に保険金の請求をするタイプの請求方法。もう少しわかりやすくしたにまとめました。

書面タイプの保険金清算

多くの保険会社がこの書面請求タイプを採用していますが、他の保険の場合ですと、保険金が手元に来るまで平均1ヶ月くらいの時間がかかります。一方、PS保険では必要書類が保険会社に届いてから平均3~4日で精算が可能となっています。これは他の保険では考えられないくらい驚きのスピードです。

公式ページではわからないPS保険のデメリット

PS保険のデメリットについては、下記のページにまとめています。

加入を考えている人や保険選びで悩んでいる人は参考にしてみてください。

実際に聞いてみた加入者の声(口コミ・評判)

<加入者の声(口コミ・評判)良かった声>

Aさん(50代:ペット(チワワ))
保険選びをするときに思っていたのが、補償内容はほどほどでいいから、お手ごろな安い保険を探していました。いかんせんペットの治療費に欠けれるお金も限られているので…

加入後は何度か保険を利用していますが、特に不満な点もありません。今のところ補償内容やサービスには満足していて、改善点などはありません。

Bさん(30代:ペット(ブリティッシュショートヘアー))
以前加入していた保険が不満だったため、PS保険に乗り換えたのですが、他社からPS保険に乗り換えて一番驚いたのは、保険金の支払いの早さでした。

前の保険では1ヶ月くらい掛かっていたのに、3日で支払われていたので間違いかと思いました(笑)加入後のサポートもしっかりしているのは心強いです♪

Cさん(30代:ペット(ポメラニアン))
動物病院でかかる治療費はできるだけ保険でまかないたかったため、全額補償の保険を探していたところPS保険を見つけ加入しました。

嬉しかったのが他社の70%補償のプランと同じくらいの保険料でPS保険は全額補償(100%補償)のプランに加入できるところです。これもPS保険が保険料の安さを売りにしているからできいる保険料だと思いますので、とても感謝しています。

Dさん(30代:ペット(ミックス犬))
自分としてはペットセレモニー費用特約が加入の決め手でした。

“最期の時まで寄り添ってくれる保険”というのが、とても好感が持てました。

<加入者の声(口コミ・評判)残念な声>

Eさん(40代:ペット(ダックスフント))
しいてあげるなら窓口精算が可能であればもっと良かったです。しかたないのかもしれませんが、書面にて保険金の請求をするのは面倒なんですよね…

また、必要書類を書く際によく問い合わせをするのですが、電話が混雑しててなかなかつながらないのを改善してほしいです。

Fさん(30代:ペット(ブルドック))
お手ごろ保険料がウリの保険なので致し方ないかもしれないけど、手術や入院が必要となるような病状となったときに、PS保険の補償内容で十分なのか少し不安です。

ぶっちゃけPS保険はおすすめな保険なの?

PS保険の特徴やデメリット、口コミ(評判)などを紹介してきましたが、最終的に気になっているのは『PS保険はおすすめな保険なのか?』という点だと思います。

「すべての飼い主さんにおすすめ!」とまではいかないですが、お手ごろな保険料の保険に加入したい方にとってはかなりおすすめな保険です。そんな方はPS保険がピッタリといえます。

また、冒頭からお伝えしている顧客満足度は業界トップというのも忘れてはならないメリットの一つです。

仮に加入しようか迷っている人がいましたら、まずは無料でできる資料請求サービスを利用してみることですおすすめしたいです。

このサイトで紹介したことはもちろん、さらに詳しい説明がついてきますのでよりPS保険について知ることができると思いますし、送られてきた資料を見るとまた違った印象を持つかもしれません。次の画像から手続き可能です。

このページの先頭へ