安いけど補償内容は手厚いの?FPC保険の特長や気になる口コミ

FPC保険の特徴と気になる評判やデメリット
「安い保険料がウリの保険はどこ?」と聞かれたら、FPC保険は真っ先に名前が上がるくらい業界で指折りの安い保険となります。

ただ、どんなに安くても補償内容が薄っぺらなものでしたら、加入をためらいますよね…

このページでは、「安さがウリのFPC保険について、補償内容は手厚いのか?」という観点でFPC保険についてまとめてみました。他のペット保険会社との比較や加入した人の口コミ情報もありますので、FPC保険が気になっている方はチェックしてみてください。

FPC保険の特徴をわかりやすく解説

FPC保険の補償プランは通院・入院・手術のすべてが補償対象となっていて、病院で支払った医療費の50%または70%が保険金として支払われる定率タイプの保険となっています。補償割合はどちらでも好きな方を選択可能です。

補償範囲 選べる補償割合
手術 入院 通院
50%、70%

例えば70補償%プランに加入していた場合、医療費が1万円だった場合、保険金として7千円がFPC保険より支払われます。

ニュース:FPC保険は平成30年2月より70%補償プランの販売を開始しました。

続いては、ここからFPC保険の一番のウリの保険料についてみていきましょう。

FPC保険の人気の理由~業界トップのお手ごろ保険料~

FPC保険の保険料は次の通りです。

補償割合50% 小型犬 中型犬 大型犬
0~4歳 1,590円/月
5~8歳 2,390円/月
9~11歳 2,390円/月 2,920円/月 3,200円/月 2,390円/月
12歳~ 3,020円/月 3,640円/月 3,890円/月 2,620円/月
0~10歳の
平均保険料
2,026円/月 2,122円/月 2,173円/月 2,026円/月
補償割合70% 小型犬 中型犬 大型犬
0~4歳 1,950円/月
5~8歳 2,930円/月
9~11歳 2,930円/月 3,570円/月 3,910円/月 2,930円/月
12歳~ 3,690円/月 4,450円/月 4,750円/月 3,180円/月
0~10歳の
平均保険料
2,485円/月 2,601円/月 2,663円/月 2,485円/月

平均保険料を他のペット保険と比較すると、FPC保険の保険料は犬の保険料の安さ1位、猫の保険料の安さ4位となっています。安さがウリの保険なだけあって保険料の安さはピカイチです。

また、保険料の特徴として次の2つの特徴があります。

保険料についての2つのプラス特典

    高齢なペットにとっては高くなりやすい保険料が、12歳以上は保険料引き上げなしとなっています。高齢ペットにとってはとても大きなメリットです。

    一般的にペット保険の保険料はペットの体のサイズに合わせて変動するもので、大型になるほど保険料は高くなりがちです。一方で、FPC保険は8歳までの保険料が犬・猫がすべて同じ保険料設定となっています。

続いては補償内容について紹介です。

補償の手厚さのカギ~保険金の支払い条件~

この補償内容こそが保険の手厚さを決める重要なポイントです。FPC保険の補償内容がやはり薄いのか?それともしっかりしているのか?ここからが本題ですね。

保険金の支払い限度額・支払い限度回数の内容は次の通りです。冒頭で説明したとおり、FPC保険は手術・入院・通院をバランスよく補償してくれるプランとなっています。

支払い限度額 年間の限度回数
通院保険金 1日あたり1.25万円まで 年間30日まで
入院保険金 1入院あたり12.5万円まで 年間3入院まで
手術保険金 1手術あたり10万円まで 年間1手術まで
年間の支払い限度額 最大85万円まで受け取り可能

これだけ見ても手厚いのかどうかわからないと思いますので、この保険金の支払い条件について2つの特徴をまとめました。

特徴①:保険金の年間の支払い限度額の高さはトップクラス

次の表は各ペット保険会社の年間の支払い限度額を比較した結果となりますが、FPC保険の保険金の年間の支払い限度額は業界2位の高さとなります。例えばペット保険業界最大手のアニコム損害保険やアイペット保険よりもFPC保険は高額な設定となっていることがわかると思います。

プラン 年間の合計支払い限度額
FPC保険 50%プラン 85万円
アイペット損害保険 うちの子
(50%プラン)
72.8万円
アクサダイレクト保険 50%プラン 50万円
アニコム損害保険 50%プラン 60万円
日本ペットプラス少額短期保険 プラチナプラン
(50%プラン)
50万円
ペッツベスト保険 ベーシックプラン
(80%プラン)
50万円
ペット&ファミリー保険 50%プラン 50万円
もっとぎゅっと少額短期保険 M・Lプラン
(70%プラン)
70万円
au損保 50%プラン 70万円
PS保険 50%プラン 100万円

『保険会社から支払われる合計の保険金が多い』となりますので、他のペット保険よりも多くの保険金を受け取ることができるのです。

安いだけでなく補償内容もしっかりしているのもFPC保険をおすすめする理由

特徴②:通院補償の手厚さはピカイチ

ペット保険に加入している飼い主さんにこんなアンケートをしました。

この1年間であなたが最も保険を利用した回数が多いのは通院ですか?それとも入院?手術?

その回答のほとんどが、通院時に利用したという回答でした。
この結果からわかるように、保険選びでは通院補償が手厚い保険を選ぶことがとても大切なポイントとなっています。

そんなFPC保険は通院補償の手厚さが他のペット保険より手厚い内容となっています。

実際にFPC保険の通院補償について他社と比較してみました。有名な大手保険会社ですので知っている人も多いかもしれませんが、比較した保険はアイペット保険、アニコム損害保険、PS保険となります。

結果は次の通りです。

FPC保険 アニコム損害保険 アイペット損害保険 PS保険
1日あたりの保険金の支払い限度額 12,500円まで 10,000円まで 12,000円まで 10,000円まで
年間の保険金の支払い限度回数 30回まで 20回まで 22回まで 20回まで

比較するとより通院補償の手厚さがわかると思います。

「30日も利用するものかな?」と思った方もいるかもしれませんが、慢性疾患を患った場合ですと10日以上の通院は全然珍しくありません。「年間の補償限度回数を超えてしまって、保険が適用されなかった…」となっては残念です。だからこそ、入院補償や手術補償よりも通院補償が手厚い保険を選ぶことをおすすめしています。

高齢ペットも安心~終身契約可能な保険~

ペット保険ではどの保険であっても加入時と更新時に年齢制限が設定してあります。その条件は次の通りです。

加入できる年齢制限について新規で加入する場合:生後30日~9歳未満
契約更新する場合:加入してしまえば年齢制限なし ⇒ 終身で契約可能

この通りFPC保険は加入してしまえば、一生涯加入し続けることができる保険となっています。また、保険によっては加入期間中に患った病気やケガによっては更新を断られる保険も存在しますが、FPC保険はどんなことがあっても更新可能な保険となっています。

公式ページではわからないFPC保険のデメリット

FPC保険のデメリットについては、下記のページにまとめています。

加入を考えている人や保険選びで悩んでいる人は参考にしてみてください。

実際に聞いてみた加入者の声(口コミ・評判)

<加入者の声(口コミ・評判)良かった声>

Aさん(50代:ペット(ブルドック))
初めてペット保険に加入したのですが保険金の請求がわからなかったとき、確認すると丁寧に教えてくれてくれたことにとても好感持てました。

他の保険に加入したことがないのでわからないですが、わからないことで問い合わせをしても窓口担当の方が毎回しっかりと親身になった対応してくれるのは心強いです。


Bさん(20代:ペット(ポメラニアン))
保険料の安さに惹かれて加入したのですが、あとで調べてみると補償内容も十分手厚いことがわかり、嬉しい誤算でした

Cさん(40代:ペット(ダックスフン))
風邪による通院などの安い治療費の場合でも、しっかり保険が下りるのはうれしかったです。

FPC保険の前に加入していた保険は免責金額がある保険で治療費が3,000円以上からしか保険が適用にならなかったので…


Dさん(40代:ペット(柴犬))
ずっとFPCさんの保険に入っていて、うちの柴犬は来年で14歳を迎えます。

保険会社によっては15歳以上の保険の更新はできないなどの年齢制限があったりしますが、FPCさんは終身契約が可能となっているのは助かりました♪

<加入者の声(口コミ・評判)残念な声>

Eさん(20代:ペット(ボーダーコリー))
慣れたからいいものの保険金の請求が面倒でした。保険金の請求は書類を作らないといけないのですが、それがなかなか手間がかかって…

窓口精算ができればなーと思いました。単純に私が面倒くさがりというのもあるのですが…


Fさん(50代:ペット(パグ))
保険選びをしているときに気になったのが、手術の保険金の支払い限度額が10万円までという点です。若干、低いのが心配です…

ただ、限度額が高い保険となると保険料が一気に跳ね上がってしまうため、私は補償内容がほどほどだけど保険料は安いFPCさんに決めました。

安さをとるか、補償内容の手厚さを取るかはわかれると思いますが、わたしは前者を選択しました。

FPC保険はこんな人におすすめ

お手ごろな安い保険をお探しの方
FPC保険の一番の魅力は保険料の安さです。ペット保険選びの優先順位として、保険料の安さを重きにおいている人にとってはピッタリです。また、上記で説明した通り、他社の保険と遜色ないような補償内容となっていますので手薄な保険ではありませんので心配なく!
高齢ペットの加入する保険をお探しの方
FPC保険は終身で契約可能な保険となっています。ですので、自分の意思で退会を申し出ない限り、ずっと加入し続けることができるペットを一生守ってくれる保険となります。また、嬉しいことに、高齢になると保険料がどんどん高くなっていくのが普通ですが、FPC保険では12歳以上のペットの保険料は変わらないという、至れり尽くせりの保険となっています。

安い保険プランをお探しなら『FPC保険』

紹介してきたとおり、FPC保険は保険料が安いにもかかわらず、しっかりとした補償内容が魅力の保険です。つまり、コストパフォーマンスの良さが他社に比べて突出しているのです。

また、FPC保険は当サイトからの加入者数が一番多い人気のペット保険でもあります。

「大手保険がいいのかな?」「加入者数の多い保険がいいのかな?」と考えていた方。

保険選びで大切なのは補償内容です。

確かに大手保険でついてくるような無料サービスに目がいくかもしれませんが、ペットちゃんがケガや病気で苦しんでいるときにこそ最大限に力を発揮する保険を選ぶことが大切です。

初めてペット保険に加入されるの方、ペット保険選びに頭を悩ませている方は、ぜひ検討してみてください。きっと満足いく保険選びになると思います。

このページの先頭へ