ぶっちゃけどうなの?アクサダイレクトの特徴や評判から徹底解析

大手ならではの安心感と充実サービス アクサダイレクト保険

CMで話題のアクサダイレクトのペット保険について紹介したいと思います。

アクサダイレクト保険では、犬が加入するの保険を『いぬのきもち』、猫が加入する保険を『ねこのきもち』と呼んでいます。

自動車保険では大人気のアクサダイレクトですが、ペット保険はどうでしょうか?

そこでこのページでは、アクサダイレクトがおすすめな保険なのか?という点について特徴や評判から調査してみた結果を紹介しています。保険会社選びをしている人にとって少しでも参考になれば幸いです。

アクサダイレクト保険の特徴

アクサダイレクト保険の特徴を簡単にまとめると、高額な治療費でも安心な手厚い補償内容の保険となっていて、補償内容がしっかりした保険に入りたい方に特におすすめな保険となっています。一方、保険料は他社に比べると若干高めの設定になっています。

これから保険の補償内容の紹介に入っていきますが、きっとこれらの特徴の意味がわかってもらえると思います。では、さっそく補償内容を見ていきましょう。

補償割合と保険金の支払い限度額/限度回数について

  • 医療費の補償割合:50%と70%
  • 保険金の計算方法は動物病院で支払った金額の○○%を補償する定率型の仕組みを取っています。
    その補償率は自分で選択可となっていて50%補償と70%補償のプランから選択することができます。

    例えば1万円の治療費が掛かった場合に70%プランの保険に加入していたら、アクサダイレクト保険から保険金として7,000円が支払われるイメージです。

  • 保険金の支払い限度額/支払い限度回数
  • 保険金の支払い限度額・支払い限度回数の内容は次の通りです。手術・入院・通院をバランスよく補償プランとなっています。

    いぬのきもち、ねこのきもち
    50%補償プランの年間の支払い限度額 50万円
    70%補償プランの年間の支払い限度額 70万円
    1回あたりの支払い限度額 年間の限度回数
    通院保険金 限度額なし 限度回数なし
    入院保険金
    手術保険金

    なんと言っても、『1回あたりの支払限度額と年間の限度回数が無制限!』というのがすばらしいポイントです。どのようにすごいかというと…

    多くのペット保険では、「通院の限度額は1日1万円で、手術の限度額は10万円です。」といった具合に1回の治療に対して支払われる保険金の上限が設定してあります。

    一方、アクサダイレクト保険では1回あたりの治療費に対しての保険金の支払い限度額(上限)を設けるのではなく、年間の合計支払い金額に制限を設けています。

    限度額については、50%プランの場合は50万円、70%プランの場合は70万円が上限となっています。つまり、年間の上限さえ超えない限りは、一度にいくらだって保険金を受け取ることが出来るのです。

    言い換えると、

    1日あたりの支払限度額が無制限ということは、高額な治療費が掛かる場合でも上限に引っかかることなく補償を受けることができるのです。

    アクサダイレクト保険の保険金支払い条件の優れていポイント

    このように高額な出費に対して強いというのが特徴です。

補償が手厚いぶん、保険料は少し高めの設定に

保険金の支払い上限が高いというメリットがある分、保険料は少し高めの設定となっています。

こればかりは目をつぶるしかありません。

補償内容が手厚いのに、保険料が業界で一番安い保険って存在しないのですから。実際に他の保険と比べてアクサダイレクト保険がどのくらい高いのか知りたい人もいると思いますので保険料を比較してみました。

次のグラフは小型犬(チワワ、プードル)の0歳~10歳までの平均月払い保険料を比較したものとなります。

各社の平均保険料比較

見ていただけるとわかりますが、決して安い部類の保険ではありません。

自分のペットが保険に加入したときに実際に保険料がいくらになるのか知りたい方は、次のリンク先をご覧ください。

万が一に備えたペット賠償保険特約について

アクサダイレクト保険では、ペット保険賠償責任危険補償特約の付帯が可能となっているのもおすすめポイントの一つです。

ペット賠償保険特約とは、飼っているペットが他人や他人のペット、モノなどに危害を与えてしまった場合に、その損害に対する賠償金を請求されることがあります。そんな時に、賠償金を負担してくれる特約となります。

<賠償金を支払う可能性が出てくるケース>
・飼っているペットが他人・他人のペットに怪我を負わせてしまった時
・飼っているペットがモノに損害をこうむってしまった時

<ペット賠償保険特約の補償内容>
支払い限度額 : 1,000万円

<付帯することででかかる保険料>
年払い : 1,010円  月払い : 90円/月

『ペット相談サービス』でしっかりサポート

ペットを飼っていて、ペットの体調がいつもと違うけど病院行くほどではないけど少し心配だなーということがあると思います。

そんな時にお気軽に相談できる窓口サービスを保険に加入することで用意してくれます。しかも、相談にのってくれるのは、現役の獣医さんです。

いつでも無料で相談可能です。しかも、24時間365日いつでも対応してくれます。

しかも、しつけの仕方や食事など病気やケガに関係ないことに関しても相談可能となっている痒い所に手が届くとても便利なサービスです。

その他の特徴

割引サービス
インターネット加入割引 保険にインターネット経由で加入した場合に適用される割引サービスです。※保険料のお支払方法はクレジットカードによる年払(一括払)のみ
割引額: 3,000円
マイクロチップ制度 マイクロチップをつけているペットの保険料を安くしてもらえるサービス
割引額: 約100円/月
加入条件
新規加入年齢 生後90日から満8歳まで
更新加入年齢 設定なし(終身)
補償開始までの期間と待機期間
補償開始までの期間 毎月の25日までに到着した契約は、翌々月の初日
待機期間 ケガ:待期期間なし
病気:30日間
ガン:120日間
保険金の請求方法と必要種類
請求方法 ・書類にて保険金を請求
必要書類 ・保険金請求書
・動物病院の領収書の原本
請求期限 書面請求期限:30日以内
請求してから受取まで 約30日で保険金の受取可能

ここが弱点…アクサダイレクト保険のデメリット

では、アクサダイレクト保険のデメリットについて紹介します。

実際に加入しようと思っている方は、デメリットの方もきちんと理解しておきましょう。

保険加入中に患う病気によっては、契約の更新が出来ないことも…

加入期間中に病気を患った場合に、その病気が再発性の可能性が高かったり慢性的な病気であった場合に、保険の更新自体を断れる可能性があります。

よほどの大病でなければ大丈夫だとは思いますが、いざ契約の更新が出来ないとなった場合とても困ってしまうと思います。

また、「更新が出来なくなり解約を余儀なくされたら、別の保険会社に移ればいいや…」と思っている飼い主さんもいるかもしれませんが、他の保険会社の保険に加入するのも結構大変なことが予想されます。

だって、更新が出来ないということは、それだけ大きな病気を患っていることになりますので、そんな病状のペットを加入させてくれるほど優しい保険会社はなかなかありません。

これから加入する人も、このデメリットは知っておいてほしいです。

知っていて解約となるのと知らなくて解約となるのとでは、精神的に違うと思いますので。

実際に聞いてみた加入者の声(口コミ・評判)

<加入者の声(口コミ・評判)良かった声>

  • 休日の夜中だったのに獣医師相談サービスが利用できて本当に助かった。無料で利用できるのでたびたび利用させてもらっている。(ダックスフント:30代)
  • しっかりした補償内容に助けてもらえるので、手術や入院となってもお金の心配をする必要がなくなったのはうれしい。(ブルドック:40代)
  • 確かに保険料は高いけど、インターネット加入による割引サービスの3,000円引きは結構大きい!(スコティッシュフォールド:40代)
  • 月々90円プラスとなるだけで、ペット保険賠償責任危険補償特約を付けれるのはうれしい。しかも、示談交渉付♪(柴犬:50代)

<加入者の声(口コミ・評判)残念な声>

  • 腎不全を患ったときに手術して治療でよくなったものの、次の年から腎不全が免責(補償対象外)となった…(ペルシャ:50代)
  • 補償内容が充実していたので加入したのだけど、他の保険にもっといい保険があって、保険選びをちょっと後悔している(チワワ:30代)

ぶっちゃけアクサダイレクトはオススメな保険なの?

アクサダイレクトの特徴やデメリット、口コミなどを紹介してきましたが、皆さんが気になっているのは『アクサダイレクト保険はおすすめな保険なのか?』という点だと思います。

結論から言うと、「No!」かなと思います。

確かに手厚い補償内容は魅力的ですし、大手保険会社という安心感があるというメリットもあります。ただ一方で、保険料が高かったり、契約の更新できない可能性があるという点はとても大きなデメリットに感じます。

特に保険に加入し続けたいのに解約を余儀なくされる可能性があるというデメリットは大きな欠点です。

こらからアクサダイレクト保険に加入しようとしていた人は二の足を踏んだ人もいると思いますが、できるだけ加入後に失敗や後悔をしてほしくないので正直な意見を述べました。

逆に、アクサダイレクト保険と同じような補償内容なのに保険料が安くてどんな病気を患っても契約更新が可能な保険があります。それが日本ペットプラス少額短期保険という保険です。アクサダイレクト保険に加入するなら日本ペットプラス少額短期保険の方をおすすめしたいです。

補償内容としてはアクサダイレクト保険に似ているのですが、アクサダイレクト保険の持っていたデメリットがないという点でおすすめです。つまり、日本ペットプラス少額短期保険はお保険料がお手ごろな保険料で、どんな場合でも更新を断られることはないのです。

アクサダイレクト保険のように決して大手の保険会社ではありませんが、補償内容や保険料の安さはピカイチです。下のリンク先で日本ペットプラス少額短期保険の紹介をしていますので、参考にして見てはいかがでしょうか?

保険選びで悩んでいる飼い主さんへ

保険選びをしたことがある人ならわかると思いますが、「何を基準に選べばいいの?大手の保険がやはりいいの?安すぎる保険ってやっぱり微妙?」などの疑問がどんどん出てくると思います。

そこで、当サイト独自の視点で各保険を比較して本当におすすめできるペット保険をランキングにしました。保険選びで迷っている方はチェックしていただけると嬉しいです。 おすすめペット保険比較ランキング

このページの先頭へ