ペットのケガ・病気はペット保険で備えましょう!

転ばぬ先のペット保険~あなたにピッタリの保険を見つけましょう~

「ペット保険に入りたいけど、どの保険がいいの?」

ペット保険に加入しようと思ったことがある人なら誰しもが思うことです。ペットブームにあやかってペット保険会社は、今では10社以上も誕生しています。

それだけ多くの保険会社の中から自分の求めている保険を選ぶのってとても難しいです。飼い主としては加入できる選択肢が増えるのはすごくうれしいことだと思います。ただ、その一方で…

Aさん
そもそもペット保険自体がどんな保険なのかがイマイチわかっていないため、何を基準に選べばいいのかさっぱりわからなくて大変でした。

ペット保険に始めて加入する人にとっては、とても頭を悩ますと思います…


Bさん
いざ保険選びをしようと思って各保険会社の公式HPを見てるとどこの保険もよさそうに見えてなかなか決めきれませんでした…

Cさん
自分の中でよさそうと思う保険は見つかっですが、ほんとにこの保険でいいのか不安でした…

といった具合に、逆に選択肢が多すぎてどこがいい保険なのかわかりにくくなっている現状があるんですよね…なるべくならすんなりといい保険にササッと加入してしまいたいですよね。

当サイトでは、そんな保険選びで悩んでいる飼い主さんに向けて、ペット保険の選び方やあなたにピッタリなおすすめ保険の紹介をしています。ペット保険への加入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

失敗しない賢いペット保険の選び方

保険選びをするといってもただ闇雲に見ているだけでは、きっといい保険にたどりつけません。

ペット保険選びで大切なことは、確認するポイントをしぼるということです。

実はペット保険選びでチェックすべき重要なポイントってとても少ないんです。そのポイントを中心に各保険を見比べてみると自然と自分にあった保険が見つかるはずです。

では、その保険選びでチェックすべき重要ポイントについて紹介したいと思います。ポイントは全部で5点です。。

保険選びでチェックすべき5項目

  • 毎月支払うこととなる保険料
  • チェックポイントは『年齢ごとの保険料の引き上げ額が少ない保険かどうか』です。ペット保険の保険料は、年齢が上がるごとに保険料も上がります。その値上がりの幅が少ない保険に加入することが大切です。

  • 補償範囲
  • ペット保険ではペットの医療サービスを通院・入院・手術の3つに分類しています。各保険会社で販売されている保険は、これらの3つ医療サービスの補償有無をプランごとに決めていて、自分で選択することができます。おすすめは補償範囲が一番広い通院・入院・手術がすべて補償対象のプランです。

  • 保険金の支払い条件
  • 補償範囲内の治療であればいくらでも保険金を受け取れるというわけではなく保険金の支払い限度額や限度回数の制限を各保険会社は設定しています。例えば、「保険金の年間の支払い上限は50万円まで」「保険金の1日あたりの支払い上限は2万円まで」といった具合に。その保険金の支払い条件が手厚い保険に加入することが大切です。

  • 加入できる年齢条件
  • 各保険会社は、2つの年齢制限を設けています。

    • 新規加入できる年齢 … “新規加入年齢”
    • 契約更新できる年齢 … “更新加入年齢”

    この年齢制限にひっかかった場合は、ペット保険にはいかなる場合でも加入することは出来ませんので高齢のペットの加入を考えている飼い主さんは要チェックです。

  • 加入期間中に患った病気の更新ルール
  • 加入期間中にガンなどの大病や慢性疾患などの病気を患った場合に契約更新を断られる保険会社が存在します。そのような保険に加入するとリスクが大きいため、どんな場合でも更新可能な保険に加入することが大切です。

以上が保険選びで注目すべきポイントとなります。

各ペット保険のこれらの5つのチェックポイントを比較してどの保険に加入するか考えることが大切なのです。

確かに他にも大切なポイントがありますが、そのポイントは「あったら便利」といった付属サービスに近いものです。保険選びで大切なことは、飼っているペットがケガ・病気になった時に、保険がいかに力強いサポートをしてくれるかです。魅力的な付属サービスに目を取られて本当に大切なものが見えなくなっては意味がありません。

以上の5つのポイントを中心に本当におすすめできるペット保険をランキング形式でまとめてみました。

初めてだと大変な保険選びですがちょっとした知識があるだけで保険選びの失敗はぐっと下げることができます。保険選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめペット保険比較ランキング

初めての方必見!ペット保険の疑問を解決

初めてペット保険に加入する方やペット保険の知識が浅い方向けに、ペット保険に加入するにあたって知っておいてほしいポイントをまとめてみました。

のちのちトラブルにつながることもありますので、正しい知識を持って保険選びや保険の加入を行いましょう。

ペット保険への加入は早めの加入が鉄則!

「ペット保険の加入時期っていつがいいんだろう?」「うちの子まだ幼いから、ペット保険はまだいいかな…」多くの飼い主さんが悩むペット保険の加入時期ですが、とにかく早めの加入をおすすめしています。

その理由には“加入できる年齢制限”,”ペットちゃんの既往症”が大きく関わってきます。

    ペット保険の年齢制限
    ペット保険は何歳でも加入できるわけではなく、どこの保険会社も加入できる年齢に制限を設定しています。どこの保険会社もだいたい10歳以下を加入対象としています。

    年齢が高くなれば、加入できる保険も少なくなりますので高齢のペットを飼っている飼い主さんは注意が必要です。

    ペットの既往症
    これまでにペットがかかったことのある病気・ケガで現在は治癒している病気やケガのことを既往症と呼びます。

    どこのペット保険会社も保険に加入する前提条件に“健全な状態のペット”というルールを設定しています。よって、既往症が多ければ多いほど、新しく保険に加入することを厳しくなってしまいます。そのため健全な状態でいるうちから加入しておくことが大切なのです。

「加入したいけど、制限に引っかかり加入できなかった…」

年齢が上がれば上がるほど病気を患うリスクは高くなりますので、ペット保険は早めの加入をおすすめしています。

ペット保険の保険料の相場ってどのくらい?

「安い保険を探してたんだけど、しっかり調べなかったのもあり保険料が少し高いに保険に加入してしまった…」とならないためにも、ペット保険の保険料の相場くらいは知っておいて損はないと思います。

そんなペット保険の相場(平均)ですが、だいたい2,500円くらいとなります。

ただ、あくまで平均ですので、このように加入する保険によって毎月の支払いが1,000円以上違うことも珍しくありません。

手厚い補償にすればするほど、保険料は高くなります。手厚いに越したことはないですが、補償内容と保険料はバランスが大切です。補償内容を手厚くしたいといっても生活が苦しくなるような状況ですとそれは妥協が必要かなと思います。

ペット保険の保険金ってどのように受け取るの?

保険金の支払いが発生するような治療を受けた場合に、保険会社から保険金が支払われますが、保険金の請求をしなければ、保険会社は保険金を支払ってくれません。

保険金の請求は、こちらから請求する必要があるのです。請求方法としては2つの方法があり、その手順も全く異なるものとなっています。

その2つの保険金の請求方法は以下の通りです。

ペット保険の保険料の請求方法

  • 動物病院での治療後に郵送で保険金請求 ⇒ 書面請求タイプ
  • 動物病院の支払窓口にて清算 ⇒ 窓口精算タイプ

それぞれの方法についてイラストでまとめてみました。
ペット保険の保険金の請求方法。窓口精算タイプと書面請求タイプ。

各保険会社によってどちらの請求方法にするか決まっているため、請求方法を自分で選択することはできません。保険金の請求方法については次のページで詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

どんな流れで保険に加入するの?加入するときに必要なものは?

保険の契約というと、たくさんの書類を書いてハンコを押すという、少し面倒なイメージをもたれている方もいるかもしれませんが、今やネットの時代です。記入書類などなく、ネットの加入ページに必要な情報を打ち込むだけで加入手続きが可能となっています♪

また、必要書類は保険会社によって少し異なりますが、ほとんどはペットちゃんの写真(画像ファイル)とクレジットカード払いする方はクレジットカードくらいです。

加入手続きを行ってみると意外とすんなりと加入できることに気づくと思います。

詳しいペット保険の加入の流れや手順については、下記のリンク先で紹介していますので気になる方はチェックしてみてください。

このページの先頭へ